Oh My Giulia 2 (club Mother Head)

アルファロメオ2000GTV(ジュリア)との生活日記

 

カレンダー

2020年
← June →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

QRコード

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
この記事にはコメントを投稿できません
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:おかんの頭の頭
ますけんさん
同士ケツ好き発見!(笑)
普通の人が見たら2個1?かも
ラリーマシンってある程度車高もあるし街乗りモディファイとしては良いのかもしれませんね〜
投稿者:ますけん
このケツの迫力!
リアトレッドがワイドな車は、普通の人が見たら前2人、後ろ4人の6人乗りの車と思うのでしょうか?
実はミッドシップのラリーマシン、かっこいい!

http://blogs.yahoo.co.jp/masquen27
投稿者:おかんの頭の頭
alfa_no_1さん
パーツ入手に苦労するのも変態道の王道ってことで貴重な一台がんばってくださいね!
105系は皆様の努力が今ありがたいことになっていますよね〜ほんと助かっています。

ルノーの車作りって面白い。
超スーパーとゆうよりボーイズレーサー道を忘れない、これって私には嬉しいのです。
買えない一台より、買えるかも?な一台。
アルファロメオも頑張って欲しいですね〜
投稿者:alfa_no_1
お頭>
 うちのは、Alpineのターボです。(^_^;)
 縦置きFFっす!(通称縦サンク)
 ターボ2との共通は、ダッシュ・インパネですね。ハンドルも共通ですが、センターオーナメントが、ターボ2はルノーのマークで、うちのはAlpineのマークってとこですか。まあ他にもコマゴマと共通点があるので部品は共通部分に頼ることが多いですね。
(なぜか、Alpineターボより5ターボの方がパーツが供給されている。)
 ルノーは、器用に市販車をレースカーに改造するメーカーですね。アルファとは一味違った面白さがあります。
 でも、アルファと違って生産車というよりやっぱり改造車って感じ、でところどころ何ちゅーレイアウトぢゃ!ってところがあります。
 乗ってて楽しければ、それでいいのかもしれませんが、壊れたら大変なところが玉に瑕です。まったくぅ〜!!部品が無いものが多いしあってもバカ高いしぃ〜!!
 維持するなら、アルファ(105)の方が気分的に楽です。

http://alfano1.web.infoseek.co.jp/
投稿者:おかんの頭の頭
けれどもそんな日本の車メーカー全て生き残って欲しいです。
世界中には国内に1つも車メーカー無い所って多いのですから、日本は恵まれています。
いつか自動車先進国のような歴史とモータースポーツの面白さを表現できる車作りがたまには出来る事を願っています。
投稿者:ASD
日本メーカーはフルラインナップ化&スキ間商売ですからね。(とくに三河自動車!)

日本メーカーで大衆車に付加価値を付けて成功した例といえば…
やっぱランエボですかね?(あっ!ココも三河の自動車会社だった(笑)


投稿者:おかんの頭の頭
ASDさん
この手で上手いなぁ〜と思わせるあたりルノーの凄さを感じます。
大衆車をその何倍もの価格でこのようにして売ろうと考える、日本ではありえないですよね〜
投稿者:ASD
いいですね〜サンクターボ♪
現代版のクリオスポールV6も好きです。

FFベースなのにMRにしちゃおうなんて
フツー考えないですよね!?(笑)
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ