Beta RR2T 2016年フロントフォーク

2016/8/27 | 投稿者: オープンエリア

お客様の依頼でサスペンションの調整をしています、車両を持ち込んでいただき実際にテストライドして当店なりのベストな調整を行いたいと思います。

クリックすると元のサイズで表示します

まずはフロントフォークの突き出しです、これは車体のバランスが大きく変化しますのできっちり押えておきたい場所です、今回は上から3段目、前回は2段目でした。

3段目にすることにより前が長い感じとハンドリング、ヒルクライム時のリヤへのトラクションが自分に合いました。
減衰も変えてみましたが、結局ほぼ標準値となりました。
ちなみにオイルはSTDが入手できない?ので他メーカーの同じ粘土のものを使用しました。
オイル量も標準で、今回は多少のリバルビング等を行いました。

結果それほど大きな変更していませんが以前に比べて落ち着きと接地感がでました。今のところいい感じです。


次にリヤサスです、以外に多いのは足つき性を重視してしまいリヤサスのプリロードをガンガンに抜いてしまう方を良く見かけます。
そうすると確かに車高は下がりますが、固くゴツゴツした感じになってしまいます。

ではどうするかと言うと、スタチックサグ(空車サグ)を35mm程にセットします。←こが肝心、要マニアル参照

その後レーシングサグ(乗車サグ)が基準値95mmから105mmほどから大きく外れているようでしたらスプリングの交換となります。車両によって異なりますので要マニアル参照
外車の場合、基本装備体重が70〜80kgと比較的重いんです。

詳しく知りたい方は車両のサービスマニアルをお読みください。
それでもおかしい時は相談していただければできるだけ対応させていただきたいと思います。

今回は簡単なモトクロスコースでしたが、今後はEDコースで走行テストをしてみたいと思います。



コメントを書く

この記事にはコメントを投稿できません





AutoPage最新お知らせ