百合とオレンヂ城

ガールズ&パンツァー 緋弾のアリアAA
ハイスクール・フリート 悪魔のリドル
シムーン NEW GAME! 神無月の巫女
舞‐HiME ポッピンQ ひとひら
夏色キセキ エル・カザド 空の境界
ストライクウィッチーズ マリア様がみてる
咲-saki- 桜Trick CANAAN
とある科学の超電磁砲 リリカルなのは
ひだまりスケッチ モーレツ宇宙海賊
ラブライブ!を応援しています♪

 
              

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:ゆん
犬塚さんハートみ〜っけハートx2
ぎゅっハート

>うまくまとめれて…
変じゃなかったですか?良かったぁ♪
いつもの「私がもし彼(彼女)だったら…」な見解なのです(^^ゞ

ハリーは好きな人には優しくて、嫌い(邪魔)な人には冷たい、良くも悪くも正直な人なのかも〜って思います。
奥さんへの愛ハート感じましたハートハリーは決して冷たい人間な訳じゃないんですよね♪
いい奴で悪い奴。
ハリーのそういうとこ好きです(^^)

いつの間に結婚…
結婚式のシーンってありましたっけ?
ごめんなさい、そこらへんはよく覚えてなくて(..;)

>続編
シェリーさんがネクロライズ!?
誰がそんな酷い事…(悲)
ブランドンと戦うんでしょうか…。確かブランドンってシェリーさんの事…TдT

愛しているからこそ、安らかな眠りへと導いてあげて。ブランドン。

はい、なんだか想像しただけで痛いですぅTдT
投稿者:犬塚志乃
>幼い頃の経験が今の彼を作りあげているというのが良く分かります
>手の届く範囲の子供達に同じ思いをさせたくないのか、もしくはそうする事で幼い頃の自分を慰めているのかなぁとか。
>冷酷さもまたそこらへんが根底にある気がします

 いえ、ゆんさんの私見があまりにも当ては
まっていると思います。
 子供の頃の環境が原因とは思いませんでし
た。
 うーん、これ以上はなにも言えません。
ゆんさん、上手くまとめました。
 
 ハリー敵も多そうですが、味方も多いで
しょう。
 奥さんのシェリーを本当に愛していたんだ
なぁ、思いました。
 手に指輪があるのでいつ結婚したんだと?
 続編のゲームではネクロライズされた
シェリーが出てくるそうですが。
 これも痛い話になりそうですね。
投稿者:ゆん
格好いい作品でしたよね〜ハートハート
ハリーの生き様、彼がどうなっていくのか。ブランドンとハリーがどう決着をつけるのか、物凄〜く興味を惹かれましたよ〜♪

最初嫌いだったんですよ、ハリーの事。
でも彼の目線で物語が進む内、不思議な魅力を感じました。
幼い頃の経験が今の彼を作りあげているというのが良く分かります。
踏みつけられた悔しさ。それがかなり影響してるんだろうなぁと。
犬塚さんも沢山のIFを挙げてましたが、私も幼いハリーを取り巻く環境がもぅ少し良かったなら、と思います。
ハリーが子ども達に優しかったり、子供に暴力を奮う店長を撃ったのもこの辺りに原因があるんじゃないかなって思います。
優しくしてほしかった幼い頃の自分を知っているから、手の届く範囲の子供達に同じ思いをさせたくないのか、もしくはそうする事で幼い頃の自分を慰めているのかなぁとか。
二度と踏みつけられない様に力を求めていく姿。邪魔者は容赦なく消していく冷酷さもまたそこらへんが根底にある気がします。
誰も何もしてくれないなら別の誰かを踏みつけて(殺して)でも自分の手で欲しいものを手に入れてやる!
みたいな信念が中途半端な正義なんかよりずっと潔くて純粋ささえ感じます。
って、上記はあえて私見ですから、違うよ〜とかな意見はあるとは思いますけど(^^ゞ
確かに周りはたまったもんじゃありませんもんね(苦笑)
↓↓
投稿者:ゆん
↓↓
私も途中から歯車が狂い始めてからのハリーには賛同出来ません。
さすがにやりすぎです。

求めたものは誰しもが多分小さな幸せだったはずなのに、どうして悲劇が起こってしまうのか。
目指した場所は同じだったはずの二人。
何が悪かったのか、誰が悪かったのか。どこで間違えたのか。

痛くて切ない感じもありますがあの最終話見た時「名作だ!」と本気で思いました。
エンディングもカラーにモノトーン、一人走ってたのが最後は確か二人になってたはず等な演出も鳥肌ものでしたハート

これもうちの近所はレンタルされてませんが、最悪買い揃えてもいいなって思える作品です。

って、えらく真面目な文章になっちゃいましたぁ(^^ゞ

カレンダー

2022年
← July →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

過去ログ

記事カテゴリ

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ