2008/11/13

救いたい!助けてください【解決】  その他
以前転載した、『救いたい!助けてください【転載希望】』の記事ですが、
いろんな方の善意とご尽力のおかげで、無事全犬保護されたとの事です。
よかったです、本当によかった!!





ただ、こんなふうに救われる命もあれば、
その陰で処分される命もあるわけで、
それを考えるととても複雑な気持ちになります。

私が出来る事はなんだろう?

みんなで出来る事は何だろう?

より幸せなワンを少しでも多く出してあげるには
どうしたらいいんだろう…?


まずは考える事から!











++++ 以下転載 ++++


こんなにも早くこんなタイトルの日記を書くことが出来る幸福と
皆様のご支援に心より感謝いたします。

第一報入りまして、120頭あまりいたすべての犬たちの命の
掛け繋ぎが終了しました。
今朝までにいた子たちも里親がそれぞれ見つかり、最終的
には柴犬2頭、マルチーズの出戻り1頭が残されましたが、
この子たちは、保護施設のラ・パーチェさんがそのまま保護犬
として保護してくださることとなりました。

地元の有志の方よりご連絡を受けてから6日、全国への情報
公開が解禁になってから4日。
まさかそれだけの日数ですべての犬たちが救われると予想した
人はいなかったでしょう。

私だって、私だって成犬のうち十数頭は処分されてしまうだろうと、
救えないことを半ば覚悟していました。
それが、全頭、全頭救出!
処分期日を4日も残して、今件解決です。

皆さんのおかげです。本当に、ありがとうございました。
ありがとうございました。何度お礼申し上げても足りません。

けれども今件、即座の命の危険は回避されましたが、各地の
ボランティアの皆さんの手に委ねられた犬たちは、本当の意味
での解決は見ていません。
今後はそちらの方々へのご支援をお願い申し上げます。
判明している限りでは、
「救える小さな命」http://ameblo.jp/nora-wanko/ という
有志の方々が、今件の犬たちのうち、実に18頭を引き取って
くださっています。中には命に関わる状態の子もおり、支援を必要
としています。
何卒よろしくお願い申し上げます。

また、今回犬たちを引き取って下さったラ・パーチェさん、この方々は
実際には差し押さえれた犬たちを数十万という金額を支払って
「購入」し、保護・世話を引き受けてくださった上、皆さんに無償譲渡
してくださっておりました。
こちらには現在、40頭あまりの犬たちが保護されています。mixの
犬たちが多いと聞いていますが、この子たちにも目を向けて頂ける
と嬉しいです。ご支援も嬉しいです。

▼保護動物ケアセンター  ラ・パーチェ  
tel 0877-49-8665 fax 0877-43-5638
http://www.la-pace.com/

今件の最大の立役者は、ラ・パーチェさんでした。
0

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ