オーランドへようこそ

オーランドは米国フロリダ州中央部に位置し、「世界一のテーマパーク都市」として知られています。
ディズニーワールドやユニバーサルスタジオ、ケネディスペースセンターなどのテーマパーク情報や、その他オーランドの最近の様子(スポーツイベントやレストラン、お店など)を現地よりお届けします。

 
   オーランド旅行を計画中の方、いつかフロリダへ行ってみたいと思っている方へ  
          〜 他にもこんな情報を教えてという方は、オーランド観光へお問い合わせ下さい 

カレンダー

2020年
← May →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

『オーランド観光』

        オーランド旅行計画中の方は、サイト「オーランド観光」 をご覧下さい。     観光情報や日本語ツアー案内、 お得なチケットやサービスをご紹介しています。 ブログ「オーランドへようこそ」「オーランド観光」は、オーランドを中心にセントラル・フロリダをガイディングしている現地日本人スタッフによるサイトです。 by ACT America, Inc.

この夏は、熱気球!

ディズニーワールドの南方を西から東へその日の風に任せて熱気球で遊覧飛行。 気流の少ない早朝に上空からフロリダの自然を一望できます。

憧れのリゾート『マイアミ』

マイアミは一度は訪れてみたい憧れのリゾート都市。ラテンの雰囲気漂う常夏の街。「エバーグレーズ国立公園」や「キーウエスト」を観光する際もマイアミから。

3月のイベント

アーノルド・パーマー・インビテーショナル プロアマ・トーナメント」参加者募集!ベイヒルでプロと一緒にラウンドできる夢のようなチャンス。(開催地:米国フロリダ州オーランド、ベイヒル・ゴルフクラブ)

マナティー・シーズン

冬(11月末〜2月)は、可愛らしいマナティーに逢えるシーズンです♪ シュノーケリングでマナティーと遊びましょう。

過去ログ

オーランドの空

オーランドの一番好きなところは、何と言っても空一面に広がる 青空〜。 

QRコード

RSS
この記事へのコメント一覧
※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:藤田 萌美
宇宙飛行士トレーニング体験ツアーに申し込みたいのですが、2014年11月の初旬にツアーは実施されているでしょうか。
投稿者:MT
レスありがとうございます。

初めて体験する事に対する感動が薄れてしまう……。
たしかに、その難しさはありますよねぇ。
風光明媚な観光地において、どこまで写真で伝えていいものか、とか。

しかし、景勝地のような“目で見る”ことを主とする観光地と違い、ATXのように“視覚以外の部分で感じる”アトラクションは、映像や文章でその様子を伝えられても、実体験時の感動は損なわれない、と信じます。

たとえば絶叫コースターの体験乗車レポート。いかに精緻な画像をたくさん連ねて詳細なレポート文を書いてみても、実際に乗ったときの感覚はほとんど伝えることができないだろう、なんて思うわけです。

が、そんなレポートによっても、未体験者の“興味をかき立てる”ことはできるんじゃないかと。
我が興味も大いにかき立てられることになりそうです。
今後のブログ更新を楽しみにしております。

写真があまりないのですか?
これはぜひもう一度、写真だけ撮りに体験して来なければ、ですね。
皆さんの中で最もモデル役にふさわしいルックスの人が(誰?)。
投稿者:ran
MTさん、貴重なご意見有難うございます。

実は既に体験してきた者達もおりますので、
おいおい各体験内容についてご案内させて頂きます。
あっっ、まずは体験と思い参加したものの
ついつい夢中になってしまったらしく、、写真はあまりないのですが。。。

ただ1から100まで載せてしまっても
初めて体験する事に対する感動が薄れてしまい?
勿体ないような気もします。

結局このプログラムにどの程度の価値があるかは
受け取り側それぞれで、最終的には実際参加してみなければ分からないんですけどねっ。 

・・誰でも無料で体験できたら一番良いのに!

投稿者:MT
興味津々です。

下の写真の機器はいろんな所で見たことがありますが、上の機器は何でしょう?
どのような仕組みで、どういう訓練ができるのか……写真も微妙に小さいし、とてもわかりにくい。
それだけに興味津々なのだ、とも言えますが。

せっかくブログ形式なわけですから、スタッフの方にでも実際に体験していただき、詳細を手記のごとく克明に報告していただけたらいいのではないか、と思います。

プログラム全体のタイムテーブルだけでなく、各訓練の内容やその(ひとりあたりの)体験時間などは、実際に参加してみないとなかなかわかりません。
しかしそれは、ツアー料金が参加者にとって割高か割安か、参加する価値があるかないかなどを判断するための、非常に大きなファクターだと思いますから。
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ