2009/4/26  3:06

SONGS  SONGS

今回はアリスの
「遠くで汽笛を聞きながら」を。
名曲ですな。後世に残したい曲とはこういう曲だわ。

アリス
遠くで汽笛を聞きながら(1976年)

悩みつづけた日々が
まるで嘘のように
忘れられる時が
来るまで心を閉じたまま
暮らしてゆこう
遠くで汽笛を聞きながら
何もいいことがなかったこの街で

俺を見捨てた女を
恨んで生きるより
幼い心に秘めた
むなしい涙の捨て場所を
さがしてみたい
遠くで汽笛を聞きながら
何もいいことがなかったこの街で

せめて一夜の夢と
泣いて泣き明かして
自分の言葉に嘘は
つくまい人を裏切るまい
生きてゆきたい
遠くで汽笛を聞きながら
何もいいことが
なかったこの街で



この曲は一度お蔵入りになった曲らしい。
オリコンではBEST50入りも逃し、
あまり売れなかった曲なんですね。
そしてこの「汽笛」ですが、
汽車ではなく、実は港の船の事なんです。

しかし、これも空しい歌だよね。
やっぱりいい歌は空しい系が多い?
でもさ、この曲を聴くと頑張ってみようかなって
気持ちになるんだよ。
「泣いて泣き明かして自分の言葉に嘘は
つくまい人を裏切るまい」
この通り、嘘はつかずに人を裏切らない。
何よりも大事な事だよね。
人を裏切ったり、踏み台にしたりは絶対にしない。
この曲を聴くといつもそう思うな。
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ