2012/3/13  11:00

実は  

東京マラソンを完走したものの、実は....を書いてみた。

・開場直後の更衣室は灯りが全くつかず、30分間暗闇だった
・出走前のトイレ待ちが30分〜40分でスタート直前まで焦った
・当然動的ストレッチが全く出来ず
・再び我慢できず、6km飯田橋付近で仮設トイレ8分半待ち
・品川〜田町間で男性が倒れてた
・春日はTVで見たまんま
・26kmの浅草橋付近で左股関節に経験した事が無い痛み
・激痛で浅草橋〜雷門〜蔵前付近の記憶が殆ど無い
・このままあと2kmほど痛みが続いたら実は棄権も本気で考えた
・30km手前浅草橋付近で左が消えたが右股関節が同じ位痛んだ
・32km京橋付近で股関節痛は両方消えたが、ダメージ大きすぎ
・「脚が痛いのは気のせいだ」このプラカードに元気が出た
・給食のバナナが人生一番の激ウマに感じた
・当然人形焼には手を出せず
・4年振りのレースだったけど全ての給水を全くこぼさずに飲めた
・佃大橋は逆に周りの倍以上速いペースで坂を走った
・40km付近まで体力は全然あったが、脚のダメージが想像以上
・走るマナーが悪い人も結構多かった
・沿道の子供達や応援の方々とのハイタッチは100人以上かも
・手を振り返したのも数え切れず
・実は2月の練習量は35km
・前日の睡眠時間はたった1時間
・1回も歩かなかった
・過去FINISHでは笑った事すら無いのに今回はガッツポーズした
・FINISH後に乳首が切れていてウェアが血だらけに気が付く
・実は完走できるとは本気で思っていなかったから泣きそうだった
・3ヶ月間は殆ど練習してないのに5時間14分はヨシでいいよね
・今の仕事をしている限り、自己ベストの4時間3分は絶対無理
・なので今後は記録無視で走ります

と、長くなりましたが全部実話でございますよ。
でも東京マラソンは他には無いものがあります。
それは.....出ればわかるよ!
ほいじゃまた。
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ