Blue Tiara イメージ

2009/6/23

建築模型を造る  市川市M様の家

あれから1年、まえまえ様の建築模型
ミニチュアハウス、今では、アクリルケースに納められて
ダイニングのカウンターに置かれていて
いつでも見る事が出来ます。
クリックすると元のサイズで表示します
立体的で、今住んでいる住まいと同じもの
こちらは、まえまえ様のお兄様が、弟のまえまえ様に
新築祝いでコツコツと、製作されたものなんですよ、

その、お兄様のホームページで
まえまえ様の造っている、工程や、作り方
こだわりのディティール部分の説明など
実物の画像と模型の画像を比較しながら
細かく説明されてるんです
これは、とってもおもしろいし、楽しんで創ってるなって
感じなられる、ホームページです
http://music.geocities.jp/kunisuke_maechan/index.html
こちらです、見に行ってください(^−^)
トップページから右の画像をクリックして
ミニチュアハウスのページヘお越しください

現在は、自宅の模型の製作中で
床や、窓、階段など、まだまだ、これから続いて行きますね



ブルーティアラのブログをご覧頂いている方々は
お住まいを建築中や計画中の方が多いと思います
それで・・・・

こちらで製作している、こだわりの模型
記念に造るのは如何でしょうか?
新築祝いとして、友人や同僚など、仲間でご依頼されるとか
御兄弟やご両親からのプレゼントでも
他では、絶対にないですし、
喜ばれる事、間違いありませんよ(^−^)
もちろんご自身での依頼もOKです

ご興味のある方、まずはご相談ご連絡ください(^−^)
4



2009/6/24  23:57

投稿者:mimoza

凸凹はかなりの御苦労・・・・
解ります、そのう上、ハイグレード仕様(^−^)

こつこつと楽しみながらの製作で
こだわりを持って、がんばってください(^−^)

HP気にして、見に行きますね

それと、この思いを持って、
模型の依頼とか来たら、どうしましょうか!


その時は、よろしくです(^−^)

2009/6/24  23:35

投稿者:くにすけ

ご評価ありがとうございます。

自宅のほうは在来工法で出っ張ったり引っ込んだりが多いのでパーツ点数が多くなり大変です(汗)。しかも自分の家なので弟のものよりさらにハイグレード仕様!ヤバイ領域に入っています(笑)

白模型など、本来の建築模型の役割は実物をシミュレーションする事なのでしょうが、趣味の域では観点が変わりますね。ミニチュアならではの楽しみ方が出来ればと思っています。HPに少しずつアップしていきます!

2009/6/24  22:28

投稿者:mimoza

お久しぶりです
こうしてまたこのブログでお話が出来るのは、ご縁ですね、ありがとうございます、

模型は楽しんで造れれば、一番です、ご自宅の模型はどうですか?
何かお手伝い出来ることとか、ありましたら、聞いてください
お役に立てるかもしれません(^−^)

模型は構造の事を気にしないで良いので、別な所に力を注いで、感じが出せれば成功です
その意味でまえまえ様の模型は大成功です。

製作がんばってくださいね

2009/6/24  10:33

投稿者:くにすけ

mimoza様
ご無沙汰しております。私の作品とHPをご紹介いただきありがとうございます。
もともとHPは実は模型のアップが目的ではなかったんですよ。ブログに自分の作った音楽とかをアップするのにファイルの置き場が必要だったので作ったサイトなんです。でもついでにと思ってやり始めたらおもしろくなって来てあんなふうになってます(笑)

私の模型の特徴は、素人目線で見ておいしいと思える部分に力を入れているところだと思います。建築の勉強などしたこともないですから、何かにとらわれることなく作っています。

しかし、製作中の自宅は、かなり細かいところまで入り込んでしまって「どうしよう?」状態です(笑)

2009/6/23  13:23

投稿者:mimoza

細かい所、を妥協しないで作る
造り方もいろいろありますし
私も学生時代は造りました
見ていて、とても懐かしく思います、
屋根が外せたり、階層ごと外せて室内が見えたりと、実際とはまた違う見方が出来て、飾れるし
愛情を感じますね。

お兄様の模型の進行具合、楽しみにしています(^−^)

2009/6/23  12:01

投稿者:まえまえ

模型の所有者、まえまえです。
この模型は兄に新築祝いに作ってもらいましたが、
自分がこだわりを持って建てた家の、世の中に二つと無い模型ですので、
本当に思い入れがあります。
眺めているだけで思わずニヤニヤしてしまいますよ。
私の宝物です。

今、兄は自宅の模型を制作中ですが、基礎から作り込むという気合いの入れよう。
ちょっとやり過ぎなんじゃないの?って思ったりもします。。(^_^;)


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ