Blue Tiara イメージ

2009/11/28

Mの妻飾りが付きました(^−^)  妻飾り・壁飾り

前回ご紹介しました、
http://orange.ap.teacup.com/ryamazaki/1445.html
Mの妻飾りその設置画像を送って頂きました

取付の画像もありますので説明しながら、ご紹介いたします
クリックすると元のサイズで表示します
足場に乗り、Mの妻飾りを持って妻壁まで登ります
持って行く物
・スケール、さしがね、下げ振り、
・インパクトドライバー(プラスビットとドリルビット)
・鉛筆類
・コーキング(変性シリコン)
・付属のビス
くらいあれば、取付出来ます
画像では取り付け位置を決めて、ビス位置に印を付けています
クリックすると元のサイズで表示します
そして、印の所に、3mmくらいの下穴を開けます
それから、穴にコーキングを充填して
クリックすると元のサイズで表示します
付属のSUSビスを打ち込んで、取付完了(^−^)
以前にも書きましたが、直線の建物に、曲線の妻飾りが付くと
相乗効果で、選り印象的な建物に変わります
いつも思うのですが、これは、魔法でもかけているみたいです
大きさ的には、小さい小さい妻飾り、
でも、付けると、住まいのエンブレムとして活躍してくれます
クリックすると元のサイズで表示します
足場が無くなると、こんな感じ(^−^)
特に、ここのお住まいは、妻壁に意匠的な装飾を施しています
デコレートして、アーチを付けて、象徴的に造り
そこに、やわらかいやさしいMの妻飾り、
妻飾りのステージを創って頂いたみたいです。
クリックすると元のサイズで表示します
違う妻壁にはクォーターラウンドの窓が並んで
コンビネーションサッシのようになっています
その周りに石が貼られて、縦のラインを強調してて、色がまた素敵です
ここは1階からの吹き抜けでしょうか、陽がいっぱい入って明るいでしょうね

この画像は夕方なのでしょうね、
???そう言えば、このアングル?どこからの撮影でしょうか

いろいろ、こだわりを持たれて創られているですね
室内もまた、素敵な空間とインテリアなんだろうと思ってしまいます

お近くへ行く事がありましたら
お寄りして、拝見させていただけたら、ほんと幸せです(^−^)
また今後もよろしくお願いします


神奈川県小田原市
4




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ