Blue Tiara イメージ

2006/8/2

グラスウール  私達の創る家って

「高気密・高断熱」って最近聞かなくなりましたね。
隙間の少ない家の造り方でいっぱいの断熱材を詰め込んで行きます
でも、足りない物があったんです。
「換気」です。
換気扇の換気ではなくて、計画的に家全体を換気させる換気システムです。
今は基準法で義務付けられています、でも当時は任意でした・・・

気密と断熱と換気・・・三位一体です。

・気密は、技術的にまた細かく見て行けば、どのような建物でも
 高気密化は容易に出来ます。
・換気は各メーカーで第1種や第2種の換気方式で容易に可能です。

・そして・・・断熱は?

これが大変です。
断熱材の種類は何種類あるのでしょうか?
古紙やコルク・ペットボトル・羊毛・グラスウール・ロックウール
発砲系断熱材に多種多様で性能や価格も様々な世界です。

また、この断熱材を建物内部に付けるのか?建物外部に付けるのか?
の問題も含まれています。

内側・外側の断熱材の違いは他サイトに批評が沢山ありますので、
ここでは取り上げません・・・ね。

次回は違った視点から書いてみます。
0




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ