エンデューロライダー たいちぇんのブログ

2015/12/7  17:17

250SXF点検及びプチメンテ  整備

納車の翌日朝からサービスマニュアルを片手に早速点検してみました。

なんせ5年ぶりの新車なのでテンション上がります( ^ω^ )
では整備スタート(^o^)/

ゼッケンプレートはブレーキホースが後ろを通るようになっておりホースでゼッケンを痛めないのはいいね〜。
クリックすると元のサイズで表示します


リヤフェンダーはスタックしたときに掴みやすい形状になっています(^^)
まくれた時に折れにくいかは試してないのでわかりませんが、氷点下の阿蘇オープンエンデューロでもリヤフェンダー折れるKTMは皆無だったので【G社のはよく折れてた】普通に強いんだと思います。
クリックすると元のサイズで表示します


ブーツによく喰いつきそうなステップ。若干ステップの端が上がっているのでしっかり下半身がホールドされそうです。
クリックすると元のサイズで表示します


エンジンハンガーとフューエルホースのジョイント部分。ここにフューエルフィルターが挿入されている。
予備フィルターが3個サービスマニュアルと一緒に付属されていました。
クリックすると元のサイズで表示します


フロントアクスルシャフトは細くなりナットは17mm、逆にリヤアクスルナットは32mmに変更されている。
フォークボトムのアクスルシャフトを固定するナットの位置も向き変わっています。
クリックすると元のサイズで表示します


さあ、ステアリングステムの点検とグリスアップします。
クリックすると元のサイズで表示します


フロントフォーク。アクセル側がダンパーでクラッチ側がスプリングの役目を果たしている。
コイルスプリングからエアスプリングに変更されているので持ってみると確かに軽いです( ^ω^ )
クリックすると元のサイズで表示します


ステムベアリングのグリスはチト少な目。
クリックすると元のサイズで表示します


グリスをコッテリと充填しておいた。
クリックすると元のサイズで表示します


フォークのエアブリーダー【フォーク内の空気抜き】は従来のWP用では差し込み部分の形状が違うので専用品が必要かな。
クリックすると元のサイズで表示します


ハンドルマウントはゴム入り。振動軽減ですかね。パワーパーツにはリジットマウントに変更するカラーもあるらしいがまずは乗ってみてから…。
クリックすると元のサイズで表示します


ブレーキクラッチレバー共にARCの樹脂レバーに変更。
クラッチ側はそのまま使えたがブレーキ側はレバー形状が変わっていて新たに購入。
クリックすると元のサイズで表示します


ロックオングリップ取り外してホンダ純正グリップに変更&バーエンドプラグ取り付け。
クリックすると元のサイズで表示します


チト汚いですが(笑)以前から使っている18インチホイール。
アクスルカラーはベアリング内側に挿入することでタイヤ交換時に脱落しにくいようになっている。
バイク新しくなったのでホイールも新しくしたいところです(^_^;)
クリックすると元のサイズで表示します



16モデルのリヤホイール。
ホイールカラーがシール部分で保持されるように変更されている。タイヤ交換時に脱落する可能性がありますね〜。
従来のカラーと16モデルのカラーを入れ替えることで、従来のホイールが使用出来ます!
アクスルシャフトの径が太くなっているのでもう今までのホイール使えないのかな…と思っていたので助かりました(^^)
クリックすると元のサイズで表示します



ここまで作業したところでお昼になり時間切れ。スイングアームとリンクのグリスアップはまた次回に持ち越し。
大福と資さんうどんで昼ごはん食べて【ごぼう天うどん美味しいとです】近所の公園に遊び連れて行ってお墓まいりして1日が終わりました。


次回は走行編をアップします。
1



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ