エンデューロライダー たいちぇんのブログ

2019/3/28  18:10

湯布院ラリーDAY 3  RallyRaid

さて、いよいよ最終日のDAY3がはじまります。
ここまでの成績では2位に1分30秒のリードを築くことが出来ました。
今日はこの貯金を時には切り崩しつつ守ってゴールしなければなりません。

ある程度は安全マージン取って走るタイム差があるけど2位のライダーは東北の雄、中島選手です。
さらに3位にはNEWバイクを手に入れてモチベーションも高い地元九州の岡本選手もいます。
クリックすると元のサイズで表示します


この状況で思い出すの7年前にTBIに出た時です。DAY5のナイトSSでタイヤの空気を抜いたせいでパンクして優勝を逃した苦い経験があるので今回空気圧は前後1キロで最後までメリハリつけて走りつつ、コンスタントなタイムで揃えたいな〜と思いながらスタートしていきましたがメーターをゼロにし忘れていて4コマ目くらいで分からなくなり、コバンザメして位置を把握。

SS9へは10台目くらいでインしました。ここは前日キャンセルになった高速ダート。
確実に走ってSS10へ。

自分にとってここが湯布院ラリーのハイライトでした。なんせ分岐が多くてミスコースしたら分単位で遅れて優勝戦線からは脱落してしまします。

近くの順位にいるライダーの思惑を感じながらSSにインします。冷静にコマ図を見て進み途中大阪ナンバーのライダーをパスしますが途中からホントにコレであっているのかすごく不安になってきてアクセル戻して振り返った瞬間さっき抜いたライダーに追突されそうに!

気を取り直して走り出すが、またまたリヤブレーキがフェードしてしまいペースダウンを余儀なくされて、先ほどのライダーに道を譲りフロントブレーキのみでコバンザメ。お互いにオーバーランして声を上げながらの走行はとても楽しかったです!

なんとか大きくタイムロスすることなくSS10を終えてDAY 3の目玉、川床の道を行きます。

ここは20年近く前の夏場にダートバイクZIMのお客さん同士で遊びに来た以来です。
あ、土人ラリーでも走ったかな。
ザブザブと入っていきます水深は浅いがとても滑りやすそう、豪快にドカーンと転ぶライダーもいて和みます(^.^)
途中からチームメイトの小濱選手とランデブー走行になりましたが私はオフロード後輩に川の中を露払いさせて後ろから行くというオフロード先輩らしからぬ行動に出ました笑
クリックすると元のサイズで表示します



川を出たらCPでした、直ぐに走り出しコンビニで岡本選手、小濱選手と昼ごはん。
クリックすると元のサイズで表示します


しばらく国道を走りネコの看板の分岐からSS11へ。さっきのSS10の逆走です、今度は分岐も少なく道も覚えたのでイケイケドンドンで走ります。今日はここのみ一番時計取りました。小濱くんもいい感じでタイムアップしているようでチーム優勝も夢じゃないかも。

日出生台の野焼き!
クリックすると元のサイズで表示します


混雑する湯布院の街を抜けて丘の上から湯布院の街を見下ろし由布岳を拝みました。
コレがきっと主催者の見せたかった今大会の風景ですね。ありがとう。

最後のSS12は初日のSS2の逆走でそつなく走りきり無事ゴール!
クリックすると元のサイズで表示します


岡本選手のチームはあと3名の帰りを待ってるところでした、九州人同士でケータリングのお弁当を食べたあとは表彰式もなく自由解散となりました。
表彰式がないのは少しさみしかったなー。
まぁ、遠方からの方もいらっしゃるので余った時間で温泉に浸かったり復習で⁈SSを再度走ったりしてもいいそうです笑

クリックすると元のサイズで表示します



そして結果は個人総合優勝とチーム優勝も果たして大満足なラリーでした。
年明けからダートバイクZIMさんでしっかりバイクを作り込んでもらったし、2月からコンスタントにバイクに乗ってたし、身体もよく動きしっかり結果を出せました。

今回久しぶりにラリーに出て日常を忘れてホントに楽しめました、ガチンコ勝負でギスギス…ではなく、自分とコースや自然との戦いなので結果が正直に自分に跳ね返ってくるところはオンタイムエンデューロと同じです。
みんなホントに楽しんでいる良い雰囲気の中走って一緒に飯食べて酒飲んで…。
次に出れるのはいつかな、またいつか参加したいです。
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します


参加の皆さんスタッフの方々ありがとう&おつかれ様でした(*^^*)
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ