エンデューロライダー たいちぇんのブログ

2013/7/21  8:11

ワタシのバイク履歴D  過去のバイク

毎日暑いですねぇ、夕方から我が家は西日がモロに当たるのでエアコンなしは考えられません(^_^;)

子どもと寝てると自然と早寝になるので必ず3時頃目が覚めます。
その頃に部屋の窓を開けると、うちは山のふもとにあるせいか涼しい風が刈った草の匂いと共に入ってきます。
やっぱり自然の風が一番気持ちよいね(^ω^)

暑さ対策でよしずを設置したらかなり暑さが緩和されましたよ

クリックすると元のサイズで表示します


さて、本題に入ります・・・。

甘酸っぱい思い出の詰まった90年代も終盤にさしかかり、通勤程度しか乗らなかったDTを手放し先輩からKDX200SRを45000円で購入、しかしいかんせん10年落ちの古いバイクだったので先輩宅に通い詰めて先輩の指導のもとエンジンオーバーホールに挑戦。
OH後初めてエンジンかけた時は嬉しかったなぁ…。


89’KDX200SR(デカールは94’)正立サス
高知県の大渡ダムヒメシャラ公園にて朝ごはん中。
クリックすると元のサイズで表示します


そのバイクで林道デビュー、場所は今は舗装された愛媛の瓶ヶ森林道。
四駆と変わらぬ亀のようなスピードで散々先輩を待たせたな〜。


初めて買ったオフメット。アライMX-Uのファクトリーベアバージョン。
職場近くのバイク屋さんに在庫で眠っていたものを安く売ってもらった。
今持ってりゃ、けっこうレア??
クリックすると元のサイズで表示します



DTからKDXに変わってマシンの性能が上がったおかげでモチベーションが上がり、毎年夏に四国に職場の先輩達と林道キャンプツーリングに行くのが恒例行事になり、徳島の剣山スーパー林道は走りやすくここでダートを長距離走れたので慣れることが出来た。


今のようにトランポを持ってなかったし、自走で行く四国ツーリングは当時の自分の一大イベントで怪我なくバイクを壊すことなく完走するのが目標で今思えばラリーのようでもあったな。


そして地元では普段はロードツーリングと並行して先輩にオフロードトラの穴と題してあちこち林道や山に連れて行ってもらう日々。


何度も何度も登りに挑戦、なかなかグリップしてくれないタイヤ…。。

たくさんオフの洗礼を浴びた(笑)

スピード出さなくても楽しいし、上達するのがはっきりわかるオフロードがだんだん好きになってきていた。


しかしその先輩、負けず嫌いな上に面白い人でアイスバーン林道の下りでインディージョーンズのテーマ曲を歌いながらビビるワタシをプッシュしながら笑って一緒に溝に落ちたりしてました。コケたら笑えとも教えられたっけ(^ω^)


コケても笑えるオフ最高、なんとも明るく前向きなライダーでしょ?


その先輩は自分の師匠です。

乗り方から整備の仕方、ホント色々な事を教わりました。
続けてこれたのはその先輩のおかげです感謝していますm(_ _)m

市房ダムにて。
クリックすると元のサイズで表示します


熊本の内大臣林道、椎矢峠。
ヘルメットがアライのMX-Vに進化してる(笑)通称エバンゲリオン。
当時から黄色のペラジャン好きだったんだな〜
クリックすると元のサイズで表示します



泥んこで笑ってる我々が楽しそうに見えたのか、ロードに乗ってる友達数人もオフに移行してきて安く買ってきたバイクをみんなで整備したりしてけっこう賑わってましたよ(^∇^)


初レースは今は無き糸島のスポーツランド鉄人の里のモトクロスでした。

クリックすると元のサイズで表示します


トレールクラスに参戦、1ヒート4位、2ヒート3位という結果だったかな。

クリックすると元のサイズで表示します


余談ですがその時のリザルト見たら地元のモトクロスIAの上田隼人君が当時はまだ中学生でNBクラスピンピンでした。


そしてエンデューロデビューへとつづきます…!

0



2013/7/23  16:39

投稿者:たいちぇん

XR呑

仕返しだなんて怖い〜( ̄O ̄;)
XR呑と違って私の成長は亀の歩みだったからね。
そんな赤裸々に色々書けるかいな、でもまだまだ続くよ!

2013/7/23  0:42

投稿者:XRDON

この時のたいちぇんさんになら、いつもの仕返しができそうですね〜(^^)まだまだ続編キボンヌです。次はオフロードから生まれた恋の話や、あの人やこの人との出会いについて筆を執って頂きたいです。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ