エンデューロライダー たいちぇんのブログ

2013/7/28  2:06

私のバイク履歴E〜初エンデューロ参戦!  過去のバイク

KDXで林道が楽しくなった頃、職場の先輩達と遊びに行った長崎Safariのモトクロスコースでの倒立フォークのしっかり感が気に入りDT200WRを職場の人から85000円で購入。(この頃は人のおさがりばかり乗ってたな)

この頃になると林道や佐賀大和などのコースに自走でよく出かけるようになり、KDXの頃より少しは走れるようになってきていた。

そんな時、林道ツーリング帰りにオフ用品店のファクトリーに立ち寄った際、しゃっちょうさんから一枚のチラシを受け取った。

エンデューロレース(熊本のT田さんがやってたグリーンフィールドED)の案内と申し込み書だった。

少し速くなれてると思ってた自分は自分の技量がどの辺りにあるのか試してみたくなり友達数人で申し込み。

しかしエンデューロの事は全く知らないズブの素人集団、わからないなりに準備はするのだが全部裏目に出てしまい凹む。とりあえずタイヤだけはマディ用の新品に交換してレンタカーで4tのアルミバントラックを借りてそれに五台積み、先輩のランクルの2台男女6名が分乗して御所オートランドに向かった。

ところがレース前日はものすごい大雨になり会場入口の橋は川の水が増水して完全に冠水。


会場では明日はリヤタイヤ空気圧0.3キロ位かな〜とか言ってる人が居たけど0.3キロが何を意味するのか想像すら出来ない程無知だった。


前夜祭では主催者が振る舞ってくれたかっぽ酒が効きすぎたか、トラックの荷台でよろめいて熱湯を足にぶちまけてしまいひどい水ぶくれと火傷のためロクに寝れずレースに望んだが、前日からの雨で御所のヘビーマディな路面に翻弄されまくりな上に何度も轍に捕まりスタックそしてエンスト。


こんなはずじゃ…もっと走れるはずだったのに…ガラガラと根拠のない自信は崩れ落ち、目の前には深く刻まれた轍とピーピーとクーラントを吹いてるDTがあるのみ…。

俺ヘタクソ…雨に打たれながら自覚するには充分なほどのダメダメぶりだった。


転んでエンストする。キックペダルを踏み下ろす度に火傷した足裏に激痛が走り、おまけに終盤クラッチレバーをへし折り、心も折れそうになりふらふらでゴール。


リザルトは後ろから数えた方が早かった。(この時の優勝は2スト部門NR王子、4スト部門は名島亭の大将だった)


なんとも悔しい初めてのエンデューロだった。レース後三日間は筋肉痛が取れず大変な目にあったし、コースにコテンパンにヤられて一緒に行った女の子はゴールするなり号泣するといった過酷なコンディションでしばらくはもういいかな…とさえ思ってました(笑)

しかしこのレースに出たおかげか副産物もあり、アタックツーリングでは失敗してもあきらめないココロがいつの間にか芽生えていた…。


2000年の梅雨の頃のお話でした。


剣山スーパー林道にて。
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します


91,DT200WR
クリックすると元のサイズで表示します

2



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ