エンデューロライダー たいちぇんのブログ

2013/11/25  22:35

私のバイク履歴12  過去のバイク

05,フサベルFE450e (前傾エンジンじゃない方)

クリックすると元のサイズで表示します


当時WONET戦では異色だった450ccに挑戦。
フレームがユニークな造りになっておりエアクリがガソリンタンクの内側にあり、フレームの中をエアーが通りキャブレターにつながる仕組み。

エアクリが本来あるべきところはスカチューン(笑)
左キックの右チェーン、黄色と青の車体は目立ち度ナンバーワン、たくさんのバイクの中から見つけやすいのでたくさん写真撮ってもらえました(^.^)
エンジンはシングルカムなのであまりぶん回さず、早目のシフトアップで高めのギアを使ってトルクで走る乗り方。

2006年のよさりのラリー。
クリックすると元のサイズで表示します


当時西日本のエンデューロシーンでフサベルに乗ってたのは四国の千○さんと京都のヒゲさんと自分だけだったように思います。
450cc故に熱量がすごくてKTMの電動ファンはしょっちゅう回ってました。
でもKTMのファンは強力なのでヒートしたことはなかったですね。
ただ再始動はキャブに付いてるホットスターターのノブを引かないと掛かりが悪く、且つ再始動に時間がかかっていたのでZIMてふにホットスターターのレバーの取り回しを変更してもらいレバーを引くとセルボタンに当たるように改良してもらいました。コレにはかなり助けられましたね(^.^)

2スト250からの乗り換えで、車重の違いから最初はうまく乗りこなせなかったけど、塾長のアドバイスを受けて乗り方を変えたらだんだん馴染んできてWONET戦ではコンスタントに4位くらいの成績を残せるようになった。

2006年のAAGP SUGOではやられたけど、練習も毎週土日二回走りレースにガンガン出て乗れていた時期で2007年のコールドバレーエンデューロ(グリーンバレーの厳冬期バージョン)では大雪マディの中、初めて塾長に勝って優勝した(塾長落ちてる間に逃げて棚ぼたヤケド)レースでした。あの時は嬉しくて一人帰り道泣きました(笑)

そして当時のフサベルジャパン様にはウェアーやパワーパーツなどサポートしてもらい、大変お世話になりました。
クリックすると元のサイズで表示します


現在のフサベルは2ストもラインナップされているけど、当時のフサベルのキャッチコピーは4strokeFORCE。

4ストのビックシングルのみのラインナップでした、、思い出深い一台です。

フサベルというブランドはなくなっちゃったけど、またいつか450ccクラスに乗りたいなっ(≧∇≦)




2



2013/11/26  21:20

投稿者:たいちぇん

おふひでさん

この年式より少し前のモデルにはスカチューンの場所に取り付けれるサブタンクがパワーパーツに有りました。
取り寄せて取り付けようとしたけどつかなかったのは懐かしい思い出です。
スリッパークラッチもつけてコーナーは楽でしたよ!
車格は少し大きく大柄のヨーロピアンが乗るとカッコイイんでしょうね。

2013/11/26  18:44

投稿者:おふひで

メーカー純正スカチューン(?)のこの頃のフサベルはカッコ良くて好きでした。

セルも付いてるし、モタードも選べる。

でも値段が!(爆)

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ