한글문자 中文(簡体字)(繁体字) SPANISH 
                             

菊陽病院家族会会長  飲酒のように、ピアサポートによってタバコをやめようとする意志を強化し、互いに励ましあうための仲間との話し合う場が必要ではなかろうかと思うのです。

 現代人の心の健康は大変脅かされています。精神保健福祉を話題の中心にして、少しでも早期発見・早期治療に向かって、皆様と一緒に進んで行きたいと思います。イギリスのメリデン・プログラムが理想でみんなねっと
という全国組織に団結して運動をやっていきたいと考えています。

 手話言語法の制定を求める意見書が、西原村議会でも採択され、政府に送付されました。手話言語条例の方も制定されるように、まずは私自身が手話つきで一般質問ができる程度にはなりたいものだと思っています。

  
     
日本共産党の西原村議員・田島敬一 861-2403 熊本県阿蘇郡西原村布田834-160 096-279-2705

2006/11/30

小谷桂太郎さんによる村歴史と文化の講演会  村のあちこち村おこし

 西原村の構造改善センターで行われた、11/29日の寿生大学の講師は、西原村教育委員会所属の学芸員で愛媛県今治市出身の小谷桂太郎さんでした。

 小谷さんは考古学的な知識が豊富だということで、熊本県の肝煎りで十数年前から縄文遺跡の宝庫である西原村に派遣されてこられていた方です。

 しかし、端から見ていてどちらかといえば本来の学芸員としてよりも雑用的な仕事が多く、知識と経験が十分には活かされてはいなかったかとのではないのかなと懸念していました。

 今度初めて学芸員としての肩書きで【西原村の歴史と文化】を講演されるというのですから、何はさておいてもと駆け付けたわけのでした。

 構造改善センターのスクリーンいっぱいに、パソコンから投影する電気紙芝居
 百人を越える高齢者のみなさんが楽しく学ぶことができました。

 この写真では聴衆はおらず小谷さんがひとりでしゃべっているように見えますが、ご年輩の方々は三尺下がって師の影を踏まずという教えを守っているからでしょうか?きれいに前三列の椅子に座る人はひとりもおられず、四列目以降からぎっしりでした。

 『西原村には何万年前から人が住んでいたでしょう?』と、四択方式のクイズで手をあげさせましたが、ほとんどの人が六千年前などと間違える中で、3万年という答えを聞いてみなホーッと声を上げました。

 当時は今よりも平均気温が7度も低く、北海道のような氷河時代の西原村でした。

 朝鮮半島とは陸続きで、寒冷化にともなってたくさんの動物や人がシベリアから押し出されて南下してきたというのです。
 以前、NHK特集で日本人の遺伝子のかなりな部分はバイカル湖周辺の人々と共通していると言っていたことを思い出しました。
クリックお願いします。→ 

 南阿蘇の中で西原村は、さまざまな石が運ばれる通路にあたっているらしく、韓国のプサンや、佐賀でみつかる石も見つかっているとか。古代の『石の道』が交差していたという説明は、新鮮な感動でした。何しろ遺跡が久木野や高森などのカルデラの中よりも二桁も多いという圧倒的な数が、そのことを裏付けているというのですから、古代における西原村の地勢学的地位は想像以上に高かったようです。狩猟・採集の当時、食生活は豊かで虫歯が大変多かったというのは意外でした。西原村のような内陸部に魚をつかまえる時に使う網の重りがあったとは……不思議です。
 また、出土品の中には人を殺したり戦争のための道具は全くなく、平等な再分配社会で、キム・ジョンイルみたいな独裁者もいない社会だったようです。
 クリックお願いします。→ 

 やはり郷土資料館が西原にないということはおかしいと考えさせられました。今、村では村史の編纂をするという方針で動いていますが、厚い本の形にすると村民はかけた費用が多額であるのに比較して効果としてあんまり読まないのではないかという心配もあります。それよりも、インターネット書籍の形にした方が印刷代も紙代もいらず安上がりではないかと思い、浮いた分を郷土資料館にあててはどうでしょうか。
0




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ