한글문자 中文(簡体字)(繁体字) SPANISH 
                             

菊陽病院家族会会長  飲酒のように、ピアサポートによってタバコをやめようとする意志を強化し、互いに励ましあうための仲間との話し合う場が必要ではなかろうかと思うのです。

 現代人の心の健康は大変脅かされています。精神保健福祉を話題の中心にして、少しでも早期発見・早期治療に向かって、皆様と一緒に進んで行きたいと思います。イギリスのメリデン・プログラムが理想でみんなねっと
という全国組織に団結して運動をやっていきたいと考えています。

 手話言語法の制定を求める意見書が、西原村議会でも採択され、政府に送付されました。手話言語条例の方も制定されるように、まずは私自身が手話つきで一般質問ができる程度にはなりたいものだと思っています。

  
     
日本共産党の西原村議員・田島敬一 861-2403 熊本県阿蘇郡西原村布田834-160 096-279-2705

2006/12/29

ウォーキングコース【幕末・維新の道】を西原村まで  村のあちこち村おこし

 1月元旦から、熊本市では熊本城築城400年祭を華々しくぶっぱなすそうです。イベントにマスコミ特集がおそらくは集中的に取り組まれることでしょう。

 熊本市では韓国ウルサン市との友好関係も次第に深めつつあります。

 団塊の世代の大量退職が始まる年でもあり、観光客もこれから増えることでしょう。

 【熊本城築城400年】という言い方より、たんに【熊本城400年】という方がニュアンス的に広がりが違います。

 『始めがあれば終りもある』で、前の言い方だと加藤清正に焦点があたる程度でしょうが、後の言い方だと幕末に活躍した横井小楠や竹崎茶堂、それに西郷隆盛などにも焦点があたり、まさに400年です。

 封建制度の完成と、その改革の試み、そしてついには解体にいたり、明治の近代日本に脱皮していくドラマが城を焦点にして繰り広げられたわけで、日本史の舞台であると同時に、東アジア史でもあります。

 西原村には、せっかく横井小楠が歩いたり馬に乗ってやってきた道がありますので、【熊本城400年】という呼び名で、このチャンスを【幕末・維新の道】に焦点をあてて最大限活かさないともったいないことです。

0




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ