한글문자 中文(簡体字)(繁体字) SPANISH 
                             

菊陽病院家族会会長  飲酒のように、ピアサポートによってタバコをやめようとする意志を強化し、互いに励ましあうための仲間との話し合う場が必要ではなかろうかと思うのです。

 現代人の心の健康は大変脅かされています。精神保健福祉を話題の中心にして、少しでも早期発見・早期治療に向かって、皆様と一緒に進んで行きたいと思います。イギリスのメリデン・プログラムが理想でみんなねっと
という全国組織に団結して運動をやっていきたいと考えています。

 手話言語法の制定を求める意見書が、西原村議会でも採択され、政府に送付されました。手話言語条例の方も制定されるように、まずは私自身が手話つきで一般質問ができる程度にはなりたいものだと思っています。

  
     
日本共産党の西原村議員・田島敬一 861-2403 熊本県阿蘇郡西原村布田834-160 096-279-2705

2007/1/9

東海道五十三次の展示にQRコードを利用する方法を方法  村のあちこち村おこし

 川端忠義さんの家の近くに、個人で作った阿蘇古代の郷美術館があります。アゼリアの近くで仙水峡に向かう道路沿いです。

 一階には阿蘇家伝来の宝物が展示されていますが、二階には安藤広重の東海道五十三次の浮世絵を全部見ることができるようになっています。

 しかし、参勤交代で行き来していくらかなじみがあった江戸時代と違い、現代は飛行機で東京まではひとっ飛びなので、東海道の地名のひとつひとつがよくわからないため、五十三次への人々の興味はあまりないように思えます…  浮世絵画法の特徴をテープで解説してもいいだろうし…美術的な鑑賞法です。

 でも『東海道中膝栗毛』という面白い江戸時代の洒落本があります。  宿場宿場でヤジさん喜多さんが、どのような珍事を繰り広げられたか、笑いながら江戸情緒が味わえようにしてあるならいいなあと思います。

 また、横井小楠の江戸のぼりの際のエピソードなど旅行気分が味わえる解説をつけることも興味が広がっていいかもしれません。

 水前寺公園が東海道を表したものであるので、その撮影をした画像を展示して連携をとるなどもいいかもしれません。

 QRコードという解説をコンパクトに表示して、携帯で読み取らせる方法もありますから、活用したらいいかもしれません。

 欲を言えば、韓国語でも解説をつけたらいいと思いますけれども。

 色々な阿蘇観光振興策を考えていけば、連係で西原村にもいい影響がもたらされるに違いありません。

0




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ