한글문자 中文(簡体字)(繁体字) SPANISH 
                             

菊陽病院家族会会長  飲酒のように、ピアサポートによってタバコをやめようとする意志を強化し、互いに励ましあうための仲間との話し合う場が必要ではなかろうかと思うのです。

 現代人の心の健康は大変脅かされています。精神保健福祉を話題の中心にして、少しでも早期発見・早期治療に向かって、皆様と一緒に進んで行きたいと思います。イギリスのメリデン・プログラムが理想でみんなねっと
という全国組織に団結して運動をやっていきたいと考えています。

 手話言語法の制定を求める意見書が、西原村議会でも採択され、政府に送付されました。手話言語条例の方も制定されるように、まずは私自身が手話つきで一般質問ができる程度にはなりたいものだと思っています。

  
     
日本共産党の西原村議員・田島敬一 861-2403 熊本県阿蘇郡西原村布田834-160 096-279-2705

2007/1/13

新聞読むにも  村のあちこち村おこし

 明日のしんぶん赤旗日曜版の『ひと』というインタビュー記事には、俳優・内藤剛 志さんが紹介されています。

 その中に、キラッと輝く言葉が見付かりました。

 『くり返しは天才を超える』

 『くり返すことで自分の中に積み重なるものがあるはず』

 『おうおう、いいネクタイしてんじゃねえかよ』
 という一言を、カメラこ回るまで何百回もつぶやいたというエピソードが語られて います。

 先ほどもテレビで、斜陽の常磐炭鉱を救おうとハワイアンダンスのメッカを作り出 した話がありました。

 発想の転換で地域の人々の仕事の場を救ったという話は、初めて聞いた話で感動し ました。

 この感動も次の沖縄戦での『もうひとつのひめゆり部隊』という涙が出るほど感動 した話、その次の日産ダットサンがオーストラリアのロードレースで優勝するという 快挙によって輸出をすることができるようになったというワクワクする話によって、 最初聞いた話は何だったのか、もう忘れてしまった自分に気づくのです。

 感動もあまりにもめまぐるしければ、ちっとも心の成長には結び付かないのです。

 何度も何度もハガキやメール、あるいは掲示板への書き込み、新聞投書など、手を 変え品を変えて繰り返さないと、次々に目の前を宝のような話題や番組が通りすぎて も、頭の中を素通りしてしまうのではないでしょうか。もったいないことです。
0
タグ: 内藤剛志 天才




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ