한글문자 中文(簡体字)(繁体字) SPANISH 
                             

菊陽病院家族会会長  飲酒のように、ピアサポートによってタバコをやめようとする意志を強化し、互いに励ましあうための仲間との話し合う場が必要ではなかろうかと思うのです。

 現代人の心の健康は大変脅かされています。精神保健福祉を話題の中心にして、少しでも早期発見・早期治療に向かって、皆様と一緒に進んで行きたいと思います。イギリスのメリデン・プログラムが理想でみんなねっと
という全国組織に団結して運動をやっていきたいと考えています。

 手話言語法の制定を求める意見書が、西原村議会でも採択され、政府に送付されました。手話言語条例の方も制定されるように、まずは私自身が手話つきで一般質問ができる程度にはなりたいものだと思っています。

  
     
日本共産党の西原村議員・田島敬一 861-2403 熊本県阿蘇郡西原村布田834-160 096-279-2705

2007/1/17

阿蘇ナビという、携帯を利用した観光案内システムの実験が始まりましたが…韓国語は?  村のあちこち村おこし

 QRコードという名の、2次元バーコード利用の幅が次第に拡がり始めてきました 。

 判子のような四角いマークに、携帯電話をかざしてカチッといわせると、そこに潜 ませてあった文字情報が画面に現れるという、まさに忍者の国ならではのシステムが 、西原村を含めて阿蘇市郡および旧阿蘇郡の蘇陽町に、まだ実験段階ですが、出現し たのです。それが阿蘇ナビなのです。

 東京駅に近い丸ビルあたりでも実験が行われていたことは知っていますが、はたし て阿蘇での活用やいかに…

 これが観光客に何をもたらすか?
 期待されるのは、とかくこれまでは車でさっと来ては排気ガスをまきちらせてさっ と帰るというせっかちな動き方から、歩きながら周辺の景色や風情を楽しみながらゆ っくり味わう方向に転換させてくれるのではないかということです。

 残念なことは、現在のQRコードが、ひらがな・カタカナ・漢字・アルファベット にしか対応していないらしいことです。
 第一、ケータイからしてハングルフォントは入っていませんから。

 ですから、アルファベット表記で、大挙して阿蘇にやってくる韓国人に韓国語をア ルファベットの形式で読み取らせてはどうかと思いますが、現代の韓国人はアルファ ベット表記にどれだけなじんでいるものでしょうか?

 日本人もかなり最近までローマ字が混じっていると、強い違和感を訴える人は多か ったような気がしますが、戦前・戦中派が社会の各分野から一線を退いてきた頃から 薄らいだようですから、韓国でも似たような状況かなと思いますけれど。

 もし、そうなら、阿蘇観光案内をハングル文字で行うためのブログを用意してみる のも実験になりはしないでしょうか。

 ともかく、地球温暖化時代のニーズに合った、環境にやさしい阿蘇観光への挑戦に なりますから、ぜひこのシステムが無事、進歩・発展・定着できるようにご援助をお 願いします。

0




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ