한글문자 中文(簡体字)(繁体字) SPANISH 
                             

菊陽病院家族会会長  飲酒のように、ピアサポートによってタバコをやめようとする意志を強化し、互いに励ましあうための仲間との話し合う場が必要ではなかろうかと思うのです。

 現代人の心の健康は大変脅かされています。精神保健福祉を話題の中心にして、少しでも早期発見・早期治療に向かって、皆様と一緒に進んで行きたいと思います。イギリスのメリデン・プログラムが理想でみんなねっと
という全国組織に団結して運動をやっていきたいと考えています。

 手話言語法の制定を求める意見書が、西原村議会でも採択され、政府に送付されました。手話言語条例の方も制定されるように、まずは私自身が手話つきで一般質問ができる程度にはなりたいものだと思っています。

  
     
日本共産党の西原村議員・田島敬一 861-2403 熊本県阿蘇郡西原村布田834-160 096-279-2705

2007/3/19

メールニュースを西原ケータイ版HPでも  村のあちこち村おこし

 西原村のHPにはメールニュースがあります。

 私のケータイに届くようにと村のメールニュースを先日申し込んだのですが、まだ 受け取ったことがありません。

 昨日も『萌の里』付近で【山の神祭り】があり、その前夕とその日の朝、全村の住 民に向けての案内が、防災行政無線で放送されたのですが、私のケータイには何のメ ールニュースも西原村からは届いていません。

 これは、メールニュースという、せっかくの便利なシステムが、防災行政無線との 連動して活用されてないことを示しています。

 おそらく、メールニュースの登録者がまだ百数十人と低い水準にあるため、メール でのいっせい同報しても効果のほどは大したことがないと思われているのではないで しょうか。

 ここに改善の余地がありそうです。

 防災行政無線で言うような内容は、逐一メールニュースで届くようにマニュアルを つくっておくことは、そのことが登録者数を増やすことになり、有用性をますます高 めます。
 イベント情報の発信や防災訓練などでメールニュースを発信すれば、するほど、い ざという時の有用性が高まるのです。

 いつかメールニュースには返信しないで下さいと書いてありました。登録者全員に 届いてしまうからと…

 ということは、西原村のメールニュースは不完全なシステムだということではない でしょうか。

 ならば、全国の自治体の中のいくつかや、熊本県警などいくつかの都道府県の警察 も交通取締情報の発信に使っているような、『まぐまぐ』『ミニまぐ』のシステム活 用に転じたらどうだろうかと思います。

 検討を村の広報担当者と防災担当者にお願いしたいと思います。
0




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ