한글문자 中文(簡体字)(繁体字) SPANISH 
                             

菊陽病院家族会会長  飲酒のように、ピアサポートによってタバコをやめようとする意志を強化し、互いに励ましあうための仲間との話し合う場が必要ではなかろうかと思うのです。

 現代人の心の健康は大変脅かされています。精神保健福祉を話題の中心にして、少しでも早期発見・早期治療に向かって、皆様と一緒に進んで行きたいと思います。イギリスのメリデン・プログラムが理想でみんなねっと
という全国組織に団結して運動をやっていきたいと考えています。

 手話言語法の制定を求める意見書が、西原村議会でも採択され、政府に送付されました。手話言語条例の方も制定されるように、まずは私自身が手話つきで一般質問ができる程度にはなりたいものだと思っています。

  
     
日本共産党の西原村議員・田島敬一 861-2403 熊本県阿蘇郡西原村布田834-160 096-279-2705

2007/3/31

万徳の六地蔵・全国学力テストで個人情報が受験産業に握られてしまう!?  村のあちこち村おこし

       クリックすると元のサイズで表示します

 これは、西原村の山西小学校近くの、万徳のバスどおりに立っている六地蔵というものです。いつもお供え物が絶えず、地元の人々に愛されている様子がよく分かるのではないでしょうか。

 今日のしんぶん赤旗の『おはようニュース問答』に、【全国学力テストで個人情報にぎられる!?】というのが出ており、その中にベネッセという「進研ゼミ」という受験産業に採点などを委託してやるということになっていると書いてありました。

 しかも児童・生徒に家庭環境などを質問する時間があるというのです。何でも文部科学省が示した予備調査の質問例では「家に何冊本があるか」とか「家の人と一緒に美術館に行くか」みたいな個人情報にかかわる質問があったというのです。

 「一週間に学習塾に何日行っているか」というような受験産業がほしがる情報も、質問項目にあるとか。  委託料として四十九億円も民間企業に払って行うのが、全国学力テストだというのです。民間企業に儲けさせて、しかも個人情報までにぎらせるというようなことらしい。

 受験産業との癒着があるのではないのかなと、そんな疑問がどうも匂ってきますね。

 でももし、個人情報を質問するなどということが行われるということが本当ならば、これは当然反対すべきものでしょう。調べてみる必要があります。

 日本共産党の石井郁子さんが二月の段階で、個人情報が受験産業にわたるという問題を質問していたことがわかりました。
0




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ