한글문자 中文(簡体字)(繁体字) SPANISH 
                             

菊陽病院家族会会長  飲酒のように、ピアサポートによってタバコをやめようとする意志を強化し、互いに励ましあうための仲間との話し合う場が必要ではなかろうかと思うのです。

 現代人の心の健康は大変脅かされています。精神保健福祉を話題の中心にして、少しでも早期発見・早期治療に向かって、皆様と一緒に進んで行きたいと思います。イギリスのメリデン・プログラムが理想でみんなねっと
という全国組織に団結して運動をやっていきたいと考えています。

 手話言語法の制定を求める意見書が、西原村議会でも採択され、政府に送付されました。手話言語条例の方も制定されるように、まずは私自身が手話つきで一般質問ができる程度にはなりたいものだと思っています。

  
     
日本共産党の西原村議員・田島敬一 861-2403 熊本県阿蘇郡西原村布田834-160 096-279-2705

2007/3/31

竹崎有斐さんの連載【逃げ出した兵隊】は面白い  隣国との友好と平和

 熊日夕刊で、3月から始まった『逃げ出した兵隊』という竹崎有斐さんの小説の連載は、最近まで掲載されていた『花吹雪のごとく』と比べて、ユーモラスな雰囲気があります。

 学徒動員されて兵役についた時からの、兵隊としての体験を深刻にならないように書いているからでしょうか。本当はずいぶん重苦しい体験だったに違いないのですが、読むほうからすれば、アッケラカンと感じられるのは、徴兵制ではない現在の感覚で見ているのかもしれません。もし私自身が徴兵検査を経て入営しなければならないのだと思って読んだら、相当重苦しく感じると思うのですが・・・

 しかし、道を歩いていて上官と出会った場合の敬礼の仕方や、食事はどうしていたか、あるいは歩兵銃の磨き方など、細かい描写で、兵営の中の様子がまるで映画のように目に浮かんできます。それにしても挿絵はとてもいいでづね。
0




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ