한글문자 中文(簡体字)(繁体字) SPANISH 
                             

菊陽病院家族会会長  飲酒のように、ピアサポートによってタバコをやめようとする意志を強化し、互いに励ましあうための仲間との話し合う場が必要ではなかろうかと思うのです。

 現代人の心の健康は大変脅かされています。精神保健福祉を話題の中心にして、少しでも早期発見・早期治療に向かって、皆様と一緒に進んで行きたいと思います。イギリスのメリデン・プログラムが理想でみんなねっと
という全国組織に団結して運動をやっていきたいと考えています。

 手話言語法の制定を求める意見書が、西原村議会でも採択され、政府に送付されました。手話言語条例の方も制定されるように、まずは私自身が手話つきで一般質問ができる程度にはなりたいものだと思っています。

  
     
日本共産党の西原村議員・田島敬一 861-2403 熊本県阿蘇郡西原村布田834-160 096-279-2705

2007/5/30

堤未果さん・「いつでも元気」5月号エッセイの内容はすばらしい。  隣国との友好と平和

 堤未果さんとは、やはりすぐれたエッセイストです。

 短い文の中にキラリと光るものがあります。

 『徴兵制などなくとも戦争はできる』というのです。それがアメリカで実証されているようです。というのは、9・11直後、アメリカではメディアに不安をあおられた国民は愛国心という言葉にしがみつき、跳ね上がる軍事予算も、戦争も、支持していったと。その一方で政府は、格差を広げる法案を次々に通し、大学費用や健康保険と引き換えに入隊する貧しい高校生や、職を求める借金漬けの国民が次々に戦場へと送られた・・・というのです。

 国内で格差を広げて貧しい者を捨て駒にすることで戦争を維持できるのだと照明したのがアメリカだと。

 これはまさしく今、日本で準備されつつある状況そのものではありませんか。格差社会とは、意図的に作り出されているのではないか・・・将来の戦争準備のため捨て駒を作るために?

 真の敵とは国民の無関心なんだとイラク帰りの米兵たちが声をあげていると教えてくれています。

 あきらめないかぎり、未来を選び取る自由はまだ残されていると結んでいます。

 堤未果さんとは、9・11に遭遇した人であり、『報道が教えてくれないアメリカ弱者革命』という本で日本ジャーナリスト会議新人賞を受賞した人なんですね。写真を拝見して初めてお顔がわかりました。
0



2007/6/7  10:54

投稿者:tajima 田島敬一 mobile

 たかちゃんさん、コメントをありがとうございます。全国を講演に駆け回っておられるとは、注目が集まっていますね。


http://wind.ap.teacup.com/tajima/

2007/6/7  10:14

投稿者:たかちゃん

僕は彼女の講演会に行ったことがあります。見た目は小柄で綺麗な女の人なのですが、生の声を聞くと更に迫力がある人です。こういう風に世界と日本を語るジャーナリストが日本に出てきたんだなと感心したのを覚えています(特に若い女性で)。今全国からの講演依頼でひっぱりだこで恐ろしく忙しいようですが。岩波から新書が近々出ると言うので楽しみに待ってるところです。


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ