한글문자 中文(簡体字)(繁体字) SPANISH 
                             

菊陽病院家族会会長  飲酒のように、ピアサポートによってタバコをやめようとする意志を強化し、互いに励ましあうための仲間との話し合う場が必要ではなかろうかと思うのです。

 現代人の心の健康は大変脅かされています。精神保健福祉を話題の中心にして、少しでも早期発見・早期治療に向かって、皆様と一緒に進んで行きたいと思います。イギリスのメリデン・プログラムが理想でみんなねっと
という全国組織に団結して運動をやっていきたいと考えています。

 手話言語法の制定を求める意見書が、西原村議会でも採択され、政府に送付されました。手話言語条例の方も制定されるように、まずは私自身が手話つきで一般質問ができる程度にはなりたいものだと思っています。

  
     
日本共産党の西原村議員・田島敬一 861-2403 熊本県阿蘇郡西原村布田834-160 096-279-2705

2005/11/28

草原で作ったブロックの家・ストローベイル工法で建築中  村のあちこち村おこし

 今朝の熊日新聞にストローベイル工法での建築が、NPO法人により南阿蘇村の瑠璃温泉の近くで建設中だという記事を見ました。

 ストローベイルという言葉をストロベリーと間違って読んでしまったぐらいで、私も知りませんでした。でもよく見たらストローベイルでした。

 偶然にも今日の夕方に、当のストローベイル工法で建築されているNPO法人「パーマカルチャーネットワーク九州」の松下修代表に、小椋さんの家でお会いすることができたので、これは一期一会という言葉ではないけれども、あまりにもうまく出来すぎています。よほどの縁があるのかもしれません。

 これは、ストローすなわち草原から刈り取った藁を圧縮してブロックにしたものを建築素材として使うという工法のことです。

 私はこれを聞いて、イランやアフガニスタンなどでレンガを積み重ねて家を作っているけれども、地震が来ると人々の上に崩れかかって大きな被害を出していることを思い出しました。レンガではなくて阿蘇の草原から刈り取ったススキで作ったベイルを輸出して、地震でつぶれても軽くて誰も死なないですむ家をプレゼントしたいものだと思いました。


 建設はみなボランティアの人たちが手作りで、しかも会費2000円を払って手伝うというワークショップ形式だというのです。
 ただ、手伝うことによって全く新しい工法を自ら体で学ぶ嬉しさはあると思いますし、50センチの厚さのベイルを積み重ねると、もともと草原のススキであるため、空気がたっぷりと含まれており、防音効果も防寒防熱効果抜群。どこか心を癒してくれる草の臭いが漂っている素晴らしさを感じ取ることができて、自分でも作りたいなという感想がよせられたと言います。

 これから土曜日曜の休みの日を利用して20人ずつぐらいで、少しずつ楽しみながら建設していくとのことなので、私も折をみて手伝いに行ってみようと思います。


0




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ