한글문자 中文(簡体字)(繁体字) SPANISH 
                             

菊陽病院家族会会長  飲酒のように、ピアサポートによってタバコをやめようとする意志を強化し、互いに励ましあうための仲間との話し合う場が必要ではなかろうかと思うのです。

 現代人の心の健康は大変脅かされています。精神保健福祉を話題の中心にして、少しでも早期発見・早期治療に向かって、皆様と一緒に進んで行きたいと思います。イギリスのメリデン・プログラムが理想でみんなねっと
という全国組織に団結して運動をやっていきたいと考えています。

 手話言語法の制定を求める意見書が、西原村議会でも採択され、政府に送付されました。手話言語条例の方も制定されるように、まずは私自身が手話つきで一般質問ができる程度にはなりたいものだと思っています。

  
     
日本共産党の西原村議員・田島敬一 861-2403 熊本県阿蘇郡西原村布田834-160 096-279-2705

2005/11/30

タクシーと連携を  

 河原にある『ミルク牧場』の『モーモークラブ』会員に1000円払って加入してきました。

会員証を提示すれば、入場料なしで入れて、いつでも気軽に買い物ができるばかりか、村内数十ヶ所にある飲食店などとも提携していますので、何らかのささやかなプレゼントがもらえるそうな。村内地図を頼りに周遊し、発見する楽しみが生まれます。

 できれば村内の中小のお店などが自主的に集まって研究して作成した、村内マップをカラーでしかも拡大が可能なようにして、村内のホームページやブログにいっせいに掲載するようにしてはどうでしょう。

 『萌の里』前の『揺ガ池』バス停から『ミルク牧場』まで、菊池市がやっているように乗合タクシーを運行させるのが夢です。

 まずは客が多いシーズンの夏に限定してもいいのでは・・・
『ミルク牧場』で冷たいアイスクリームを舐めてから『白糸の滝』で涼みたい人なんてのは温暖化が厳しくなるこれから、きっと多くなるのではないでしょうか。
 
乗合タクシーが運行するようになれば、熊本市内とその周辺からたくさんの人が、バスに乗ってミルク牧場に来られるようになり、客も喜び産交バスも喜びます。スローな阿蘇を標語にしている阿蘇グリーンツーリズムの一環として大々的に行われている宣伝に乗っかることもできます。
 でもあまり一足飛びに急がないでぜひそれを長期目標として、まずは西原村内でミルク牧場と連携されている店や工房などのお仲間に、『西原タクシー』を入れてみてはいかがでしょう。また、ミルク牧場のHPから産交バス時刻表へのリンクを張るなどして、産交とのいい関係を構築するなど、関係を深めていくといい方向に転んでいくのではないかと・・・

0




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ