한글문자 中文(簡体字)(繁体字) SPANISH 
                             

菊陽病院家族会会長  飲酒のように、ピアサポートによってタバコをやめようとする意志を強化し、互いに励ましあうための仲間との話し合う場が必要ではなかろうかと思うのです。

 現代人の心の健康は大変脅かされています。精神保健福祉を話題の中心にして、少しでも早期発見・早期治療に向かって、皆様と一緒に進んで行きたいと思います。イギリスのメリデン・プログラムが理想でみんなねっと
という全国組織に団結して運動をやっていきたいと考えています。

 手話言語法の制定を求める意見書が、西原村議会でも採択され、政府に送付されました。手話言語条例の方も制定されるように、まずは私自身が手話つきで一般質問ができる程度にはなりたいものだと思っています。

  
     
日本共産党の西原村議員・田島敬一 861-2403 熊本県阿蘇郡西原村布田834-160 096-279-2705

2008/7/2

洞窟の滴りは加速して…村内全域が文化創造館という構想  村のあちこち村おこし

滴りの
  一滴にして
    谺せり

  大野林火

 これは夏の洞窟の中を詠んだものであろうと思います。

 『滴り』 と『一滴』と、同じ漢字が並んでいて、しかも『したたり』と『いってき』という二通りの読み方です。

 この句を読めば読むほど水滴が加速をつけて高いところから落下し、水音をポチャンとあげた後の余韻までが一連の流れとして見えてきます。

 洞窟というよりも鍾乳洞の中というのがより適切かなあと思います。『一滴にして』…までは現在形ですが、『谺せり』…と、一瞬の後にはもう過去形になってしまうところに表現の妙があります。現在形の後に過去形をもってきたところに谺する反響音や静寂と余韻が感じられて、複雑な洞窟の形も暗示しているようです。

 この技法は覚えておけば何かの時に使えそうです。

 あるいは、熊本城のあちこちに掘られた深い井戸の中に、水滴がしたたり落ちる時の音かもしれません。

 『一滴にして』の『…にして』に着目すれば、だんだん水滴の球がふくらんでいく様子が見えてきます。

 いずれにしてもあたりは静寂に包まれています。暑くてうだるような思いの外界とはまったく違う、鍾乳洞または井戸の中です。

 さて、葉書に俳句と俳画を添えて送られてくれば、その中から優秀な作品を選び出して病院の壁などに額入りで飾ったら面白いと思います。

 俳句も俳画も省略を効かせているために、見る時には心すませなくて心眼で見なくてはなりません。

『滴りの 一滴にして 谺せり』

 いやあ涼しさ満点の俳句です。

 さて昨日は菊陽病院家族会の役員一同と、病院側の管理部会との懇談会がありました。

 私は伝聞ですがと断りながら、外来の待合室にお客さんが多くなったために、待ち時間が長くイライラされたことがあったんではないでしょうかと話し、番号札を渡すなど何らかの工夫をしてはいかがでしょうかと提案しました。検討するとの答えでした。

 建物の中の待合室に精神を落ち着かせるように、光の空間・緑の空間を配置するなどのこともリニューアルに際して考えておられました。

 でも後で考えるに、壁に心を落ち着かせてリラックス効果の高い絵画を飾るのもよさそうな気がします。

 安上がりに、広く一般から公募して、俳句と俳画の展示会場として提供してもよいかもしれません。

 でもそんなことは職員でやろうとしても意外に面倒なものではないでしょうか。作品を募集し、展示し、季節が変われば取り換えるなどということは、俳句に熱心なグループに委託するようにしてはどうなんでしょう。

 私は俳句愛好家のグルーブは、喜んで引き受けてくれるような気がするのですが…

 西原村の文化創造館・『風流』館長の吉岡七郎先生は、大切畑ダム湖の周辺に、自主的に俳句を書いた札を木の枝に下げることによって俳句(ハイク)ロードにしようと努力されています。俳句文化を西原村から発信しようと意気込んでおられます。

 そんな俳句愛好家・絵画愛好家・絵手紙愛好家に、病院の壁面を無料で貸し出してはどうでしょうか…まっ白な階段の壁でもよいし…

 展示する俳句と俳画は季節感が伴うものですから、おりおりに取り替えるようにしてもらえばよいのです。

 『緑の館』や『そよ風』などの老人施設の壁も、提案したらよいかもしれません。また、村内各地に点在しているちょっとオシャレな店の一角でも…街角文化創造館、村内全域が文化会館という構想であって、それでこそ俳句と俳画の文化を発信する村になりそうではないでしょうか。

0




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ