한글문자 中文(簡体字)(繁体字) SPANISH 
                             

菊陽病院家族会会長  飲酒のように、ピアサポートによってタバコをやめようとする意志を強化し、互いに励ましあうための仲間との話し合う場が必要ではなかろうかと思うのです。

 現代人の心の健康は大変脅かされています。精神保健福祉を話題の中心にして、少しでも早期発見・早期治療に向かって、皆様と一緒に進んで行きたいと思います。イギリスのメリデン・プログラムが理想でみんなねっと
という全国組織に団結して運動をやっていきたいと考えています。

 手話言語法の制定を求める意見書が、西原村議会でも採択され、政府に送付されました。手話言語条例の方も制定されるように、まずは私自身が手話つきで一般質問ができる程度にはなりたいものだと思っています。

  
     
日本共産党の西原村議員・田島敬一 861-2403 熊本県阿蘇郡西原村布田834-160 096-279-2705

2008/7/7

ホラ貝は高価でも代用できるものがありはしないか?と思案中です。  村のあちこち村おこし

 ホラ貝は最低でも6千8百円で、高いもので6万円ほどもするということらしく、トホホ(;´д`)となりました。

 気軽に練習できるようなシロモノではないとは…

 でも思い出しました。阿蘇市の坂梨に甲斐利雄さんという退職した先生がおられまして、発泡スチロールを砕いて形を整え、人形でも何でも作って、戦争中空襲から帰還途中のB29が日本軍戦闘機に体当たりされてからのてんまつを、ひとり人形芝居をされています。

 その要領で人形の代わりにホラ貝の形を作れば、吹く練習はできるのではないでしょうか。

 発泡スチロールの利点は非常に軽いということです。

 山伏は背中にホラ貝をからうのが定番のスタイルであったかもしれませんが、軽ければ帽子にして頭に被るような意匠にしてもよいかもしれません。

 相談してみたいと思いますので、まずは図書館あたりに足を運んでホラ貝の形はどうなっているのか図鑑を手にとってみたいと思います。

 発泡スチロールでホラ貝のお土産を作ることができれば、阿蘇や西原村の俵山などに登った時に非常連絡用として役立つかもしれませんね。

 吹き方によって合図を決めておいたりしてね。

0




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ