한글문자 中文(簡体字)(繁体字) SPANISH 
                             

菊陽病院家族会会長  飲酒のように、ピアサポートによってタバコをやめようとする意志を強化し、互いに励ましあうための仲間との話し合う場が必要ではなかろうかと思うのです。

 現代人の心の健康は大変脅かされています。精神保健福祉を話題の中心にして、少しでも早期発見・早期治療に向かって、皆様と一緒に進んで行きたいと思います。イギリスのメリデン・プログラムが理想でみんなねっと
という全国組織に団結して運動をやっていきたいと考えています。

 手話言語法の制定を求める意見書が、西原村議会でも採択され、政府に送付されました。手話言語条例の方も制定されるように、まずは私自身が手話つきで一般質問ができる程度にはなりたいものだと思っています。

  
     
日本共産党の西原村議員・田島敬一 861-2403 熊本県阿蘇郡西原村布田834-160 096-279-2705

2008/7/24

議員相互の議論をいかにやるか  村のあちこち村おこし

 全国町村議長会と市議会議長会の共同編集の【地方議会人】の7月号が手元に届きました。

 『これからの地方議会』が特集されています。ようするに議会改革の話です。

 先進的な地方議会として、三重県の伊賀市と北海道栗山町議会・今金町議会が紹介されています。

 議員相互の議論をいかに活発化させるのかも、多岐にわたる改革のターゲットのひとつだといいます。

 これは、普段から同僚議員との交流・情報と意見の交換を、極力やっていって議員みんなのレベルを互いのせっさ琢磨によって高める努力をしなくてはならないうことになりそうです。

 つまり議場に集まった時にだけ、互いに自分の意見を述べ合うだけでは、議論の深まり・認識の変化・成長を遂げることはできないでしょう。

 自分が勉強するだけでは不十分で、他の議員に伝え納得させていかないとダメだし、他の議員からも吸収しなくてはならないということですね。

議場で短時間いわば儀式みたいに賛成・反対を述べ合っただけで可決して終わりではなく、終了後も議論をし続けることでしょうね。

 はがきの往復も手段としてはよいだろうし、いろいろなイベントで来賓などで集まった時に語り合うことも議会の延長としていいかも…

0



2008/7/27  16:19

投稿者:tajima 田島敬一 mobile

 御船町議会でも議会報告会が5月初旬に実施されて、10会場に361名の町民の方々が参加されたということが、『暮らしと自治 くまもと』の8月号に紹介されています。

 御船町議会議員の栗原秀子さんからの短信です。

 非常に興味深いことは、四日間の議会報告会で町民の方々から寄せられた意見や質問を、議会便りや情報公開コーナーなどで町民のみなさんにお知らせしていることです。

 フィードバックですね。行ったり来たりして増幅していこうという仕掛けは参考になりました。

 私はさっそく御船町議会の栗原秀子さんに葉書を送ったことはもちろんです。



http://orange.ap.teacup.com/tajima/


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ