한글문자 中文(簡体字)(繁体字) SPANISH 
                             

菊陽病院家族会会長  飲酒のように、ピアサポートによってタバコをやめようとする意志を強化し、互いに励ましあうための仲間との話し合う場が必要ではなかろうかと思うのです。

 現代人の心の健康は大変脅かされています。精神保健福祉を話題の中心にして、少しでも早期発見・早期治療に向かって、皆様と一緒に進んで行きたいと思います。イギリスのメリデン・プログラムが理想でみんなねっと
という全国組織に団結して運動をやっていきたいと考えています。

 手話言語法の制定を求める意見書が、西原村議会でも採択され、政府に送付されました。手話言語条例の方も制定されるように、まずは私自身が手話つきで一般質問ができる程度にはなりたいものだと思っています。

  
     
日本共産党の西原村議員・田島敬一 861-2403 熊本県阿蘇郡西原村布田834-160 096-279-2705

2008/7/31

城北高校の末次敬典監督が…遠くにて 水の輝く 晩夏かな 高柳重信(じゅうしん)  俳句鑑賞

 今度の赤旗日曜版には、熊本から甲子園に出場が決まった城北高校の末次敬典監督のことが大きく紹介されています。

 解雇反対闘争を行い裁判に勝利し、和解し、四年ぶりに監督に復帰した経過ばかりか、小学校の頃のいじめられっ子だった話や、高校の時の恩師からユニホームをプレゼントしてもらった話など涙なしには読めない部分もあります。

 末次監督がんばれのはがきを早速書いて出しました。

 熊本で末次監督と言えば済済黌選抜優勝の時の選手と間違う人が多いので、福岡県八女市役所で働きながら当初野球の指導に通っていたことなど丁寧に生い立ちから書いてあるという気もします。

…………………

遠くにて
 水の輝く
  晩夏かな

 高柳重信(じゅうしん)

 これが今日の俳句ですが、晩夏とはまだとうてい言えないと思いますから恐らくは旧暦の7月31日なんでしょう。

 大嶺山の展望台や、一の峯あたりから遥かに西を望むと有明海の水がうっすらと輝いて浮かぶはずですが、今の季節は空気に湿り気が多いせいかなかなか遠くが見えません。

 熊本市内の空気が澄まないとなかなか見通すことができないのです。

 遠くにて水が見えることに空気清涼な晩夏の季節感を感じるということは、毎日毎日遠くを見張るかすところに作者は住んでいるのではないかという推理ができます。

 まるで俳句鑑賞とは、少ない証拠からどれだけの推理をするかという探偵小説に似ているようです。

4




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ