한글문자 中文(簡体字)(繁体字) SPANISH 
                             

菊陽病院家族会会長  飲酒のように、ピアサポートによってタバコをやめようとする意志を強化し、互いに励ましあうための仲間との話し合う場が必要ではなかろうかと思うのです。

 現代人の心の健康は大変脅かされています。精神保健福祉を話題の中心にして、少しでも早期発見・早期治療に向かって、皆様と一緒に進んで行きたいと思います。イギリスのメリデン・プログラムが理想でみんなねっと
という全国組織に団結して運動をやっていきたいと考えています。

 手話言語法の制定を求める意見書が、西原村議会でも採択され、政府に送付されました。手話言語条例の方も制定されるように、まずは私自身が手話つきで一般質問ができる程度にはなりたいものだと思っています。

  
     
日本共産党の西原村議員・田島敬一 861-2403 熊本県阿蘇郡西原村布田834-160 096-279-2705

2009/2/16

日本史と語学と俳句は記憶術の実験場  記憶術

 私は、解雇された人々が、再起を図るための応援をしたいものだと思い、できることなら一刻も早く記憶術を私自身がマスターした後に伝授して助けたいという希望を持っています。

 記憶術をマスターした人を増やしていけば、例え貧しくて学校に行けなくても侮れない力をもたらすことになるに違いないと思います。

 明治の日本でも福沢諭吉が、【学問のすすめ】を書いて青年たちに大きな影響を与えて以来、学費が世界でタダなところが多い中に、逆に学費が非常に高いことで有名なこの日本で、苦学する伝統が出てきたのだと思います。

 私は矢野越子さんとの出会い以来俳句に親しみ、色々と模索しているうちに、『俳句』というものは記憶力鍛練に使えるすばらしい日本の文化だと気づくようになりました。

 路頭に迷った人も、記憶術の実験場として日本史と地理と語学を選び、記憶術をマスターした時には同時に政府の『ビジット・ジャパン構想』に呼応した力量を持って自ずと働き口も見つかる、そんなところに私の目標を置きたいと思います。

 芥川龍之介の『蜘蛛の糸』に寓意が込められているように、人を助けてこそ人は地獄から極楽に上がっていけるようです。

 日本史や地理を学習するのに俳句は余分だと思われるかもしれませんが、記憶に定着させていく上にも俳句を覚えていると役に立つことがあると確信します。

 もっとも平安・鎌倉・室町・江戸と日本史の舞台には俳句以前の和歌の数々もたくさんあります。

 百人一首は、和歌の世界に入っていくための入り口としては多彩な人物が百人もいますから便利です。

 昨日までの佐賀の嬉野への旅に一緒だった中には、百人一首全国大会に熊本代表として出た女性も参加されていましたが、近畿勢と関東勢が分厚い層をもっており、【参加することに意義あり】という状態だったと言っていました。

 でも歴史と地理をたんなる暗記物として味気なく学習するよりも、百人一首を楽しんで、生き生きと彩りをもって学習できる方が楽しいと思います。百人一首をゲームとして楽しむ層を厚くするのもよい効果が得られてよいかもしれません。日本文学史の把握にも通じるのが和歌と俳句の学習だと思いますね。

 それから、どなたも年号暗記を中学校・高校の頃にやっているはずですが、どれだけ覚えているでしょうか。
 大化の改新645年。鎌倉幕府はいい国つくろう1192年。これくらいは覚えているでしょうが後はさっぱり思い出せないというのが一般的ではないでしょうか。

 英語なり韓国語なり、自分がマスターしてやろうと思う言語で日本史の解説文を入手して、丸暗記すれば日本史と日本の地理と語学とが一石三鳥で勉強することができることになります。自分でビジットジャパン構想の中で使える教材づくりという作業をすれば、需要にこたえることができるかもしれないという訳です。

 大化の改新が何であったのか?壬申の乱が何を意味するのか?このふたつの事件を結びつけるものは何であるのか?これがわからなければただ年号だけ覚えていても何の興味も湧かないでしょうが、その背後に古代の倭国対狗奴国の対立からひきずり、南北朝時代の二派の対立にもつながっていく亀裂・摩擦・競合関係が潜んでいるのではないか?また、それは中国大陸における万里の長城の南側と北側との対立が潜んでいないか?と考えてみると、古代史の壮大なロマンが生まれてくるのではないでしょうか。とくに狗奴国は熊本県にあったかどうかもまだ確定していないぐらい古代史は謎だらけですからロマンを広げる余地は大ありですからね。





0




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ