한글문자 中文(簡体字)(繁体字) SPANISH 
                             

菊陽病院家族会会長  飲酒のように、ピアサポートによってタバコをやめようとする意志を強化し、互いに励ましあうための仲間との話し合う場が必要ではなかろうかと思うのです。

 現代人の心の健康は大変脅かされています。精神保健福祉を話題の中心にして、少しでも早期発見・早期治療に向かって、皆様と一緒に進んで行きたいと思います。イギリスのメリデン・プログラムが理想でみんなねっと
という全国組織に団結して運動をやっていきたいと考えています。

 手話言語法の制定を求める意見書が、西原村議会でも採択され、政府に送付されました。手話言語条例の方も制定されるように、まずは私自身が手話つきで一般質問ができる程度にはなりたいものだと思っています。

  
     
日本共産党の西原村議員・田島敬一 861-2403 熊本県阿蘇郡西原村布田834-160 096-279-2705

2009/7/29

日本と新羅を結ぶキーワード。丹波・但馬・多遅摩毛理…浦島太郎伝説を加味したら西原村で発見された大需  隣国との友好と平和

 新羅の歴史をインターネットで調べてみたら、初期の王家には朴氏だとか昔氏だとか日本とのつながりが深い系統があり、その後、金王家になったと書いてありました。

 朴家の重臣に、瓢公(ここう)という日本人(倭人?)がいたとか、何代目かの(昔脱解王)は、多婆那(たばな)ということで京都府の丹波地方と思われるところの出身ではないかとか…橘(立花)たちばなにどこか似ている地名ですが…

 そして昔脱解王の逆バージョンであるツヌガアラシト(都怒我阿羅斯等)は、新羅の王子でありながら、怒って逃げた妻(アカル姫)を追いかけて日本に渡り、最後は兵庫県但馬(タジマ)地方に住んだとされています。ツヌガアラシトは、別名天之日矛とされていますが、その曾孫はタジマモリ(多遅摩毛理)です。

 こう書いてくると、タジマという名前がしきりに出てくることに気づきませんか?

 さらに丹波(タンバ)と但馬。後者もタジマと読まずにタンバと音読みしてみたらどうでしょうか?

 西原村にも丹波という姓の人が昔から住んでおられることを思い出しました。

 ツヌガアラシト(天之日矛)の先祖が丹波地方から船出して、その子孫が丹波ならぬ但馬(タジマ・タンバ)地方に移り住み、西原村の聖地にツンガ塚が築かれたというストーリーが成り立つならば、(丹波さん)という姓が西原村にあっても不思議はなくなるのですが…

 その丹波地方に伝わる昔話が、有名な浦島太郎伝説です。

 龍宮城で舞えや唄えやで楽しく過ごすうちに、『忘れていた』と突然望郷の想いが募り、ふるさとに戻ったら、300年経っていて、知る人は誰もおらず、寂しさに玉手箱を開けたら一気にお爺さんになってしまったと…
 これは丹波から出て但馬に戻り、最後は丹波さんをお供に西原村に来てツンガ塚の主になったという、二人を一人に集約した物語ではないでしょうか?ひょっとして…

 となるとツンガ塚の主は浦島太郎でもあると言えることになりはしないでしょうか?

 あまりにも飛躍しすぎた話でしょうか?

 でもこれは私の独創ではなくて、浦島伝説を新羅にまつわる二人に結びつける説の部分は、受け売りです。

1




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ