한글문자 中文(簡体字)(繁体字) SPANISH 
                             

菊陽病院家族会会長  飲酒のように、ピアサポートによってタバコをやめようとする意志を強化し、互いに励ましあうための仲間との話し合う場が必要ではなかろうかと思うのです。

 現代人の心の健康は大変脅かされています。精神保健福祉を話題の中心にして、少しでも早期発見・早期治療に向かって、皆様と一緒に進んで行きたいと思います。イギリスのメリデン・プログラムが理想でみんなねっと
という全国組織に団結して運動をやっていきたいと考えています。

 手話言語法の制定を求める意見書が、西原村議会でも採択され、政府に送付されました。手話言語条例の方も制定されるように、まずは私自身が手話つきで一般質問ができる程度にはなりたいものだと思っています。

  
     
日本共産党の西原村議員・田島敬一 861-2403 熊本県阿蘇郡西原村布田834-160 096-279-2705

2009/9/2

関東大震災の時に虐殺された朝鮮人を追悼する行事が、墨田区横網町公園で(9月1日)  日本共産党

 今朝の新聞・赤旗によると…

 1923年9月1日の関東大震災の時に、流言によって、6000人以上の朝鮮人と700人以上の中国人が、虐殺されました。
 合計すると西原村の人口になります。

 その犠牲者を追悼する式典が、150人の参加で墨田区横網町公園で行われたそうです。

 150人とはえらくささやかな犠牲者追悼式ではあります。石原慎太郎都知事もメッセージ代読ですますとは?やらないよりはましかもしれませんが…

 金順子(キム・スンジャ)さんが鎮魂の舞を舞われたとのこと。

 社会主義者らもこの際とばかり虐殺されています。

 参加者の顔ぶれを読むと平和委員会だの日中友好協会だの日本共産党の都議だの、どちらかと言えば、被害者側の顔ぶれではありませんか?加害者側は参列をしていないのでしょうか?
 せめて犠牲者の数ぐらいは国の責任においてでも集めなければ鎮魂をしたことにはならないのではないでしょうか?

 こんなところにスペインみたいに【歴史の記憶に関する法律】があるのかないのかの違いが出てくるのかもしれません。

 実は私は、日本共産党の墨田区議にはがきを書いて交流を図っています。

 この紹介された墨田区の追悼碑をいつか訪問し界隈を歩いてみたいと思います。まずはただ一人で当てもなくさ迷い歩いて、現地の空気を吸って当時を偲びたいのです。

 このような歴史の教訓を汲み取るための史跡群こそ、ボランティアガイドが組織されて、日常的に案内する態勢が整えられていてしかるべきではないかと、私は考えますが…

 果たしてそうなっているかどうか?

1




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ