한글문자 中文(簡体字)(繁体字) SPANISH 
                             

菊陽病院家族会会長  飲酒のように、ピアサポートによってタバコをやめようとする意志を強化し、互いに励ましあうための仲間との話し合う場が必要ではなかろうかと思うのです。

 現代人の心の健康は大変脅かされています。精神保健福祉を話題の中心にして、少しでも早期発見・早期治療に向かって、皆様と一緒に進んで行きたいと思います。イギリスのメリデン・プログラムが理想でみんなねっと
という全国組織に団結して運動をやっていきたいと考えています。

 手話言語法の制定を求める意見書が、西原村議会でも採択され、政府に送付されました。手話言語条例の方も制定されるように、まずは私自身が手話つきで一般質問ができる程度にはなりたいものだと思っています。

  
     
日本共産党の西原村議員・田島敬一 861-2403 熊本県阿蘇郡西原村布田834-160 096-279-2705

2009/9/7

手笛はハンドフルートか? それともハンドオカリナか?  環境・教育

 今朝のしんぶん赤旗のコラム【潮流】に、大変興味のあることが紹介されていました。

 それは手笛ともいって、フクロウの『ホ−ッ、ホーッ』という声そっくりに音を鳴らすやり方ですが、なんと美空ひばりの『川の流れのように』のメロディが、コンサートで披露されたそうなのです。

 実は私も、だいぶ前にインターネットでその鳴らし方を知り、練習した結果やっと吹けるようになったのですが、とてもメロディまではできないと諦めていたのです。

 それにしても『ハンドフルート』とは、なんて感じのいい命名なんだろうと感心しました。
 私はハンドオカリナの方がもっとよいかと思うのですが…

 『ハンドフルート』で検索してみたら、音の鳴らし方のコツを紹介したホームページを見つけることができました。私ができる鳴らし方は、レシーブ型とも言える両手を寿司をにぎるような形にするのですが、ホームページにはキリスト教のお祈りの形に両手をぎゅっと締めてから、揃えた親指の間から下向きに息を吹けば、機関車の汽笛のようなポーっというカン高い音が出てきました。

 手笛ではなく、ハンドフルートという命名は、森光弘さんによるものらしい。


 もの好きな私は、音が1日でひとつ出せたことに気をよくして、早速メロディに挑戦することにしました。高い音の場合は両手の間の空間を狭くし、低い音は空間を広くするだけです。訓練また訓練あるのみ…小学校四年生に読み聞かせボランティアに行く時に、いつかハンドフルートって知ってるかい?と言いながら披露してやりたいものです。

       クリックすると元のサイズで表示します
10




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ