한글문자 中文(簡体字)(繁体字) SPANISH 
                             

菊陽病院家族会会長  飲酒のように、ピアサポートによってタバコをやめようとする意志を強化し、互いに励ましあうための仲間との話し合う場が必要ではなかろうかと思うのです。

 現代人の心の健康は大変脅かされています。精神保健福祉を話題の中心にして、少しでも早期発見・早期治療に向かって、皆様と一緒に進んで行きたいと思います。イギリスのメリデン・プログラムが理想でみんなねっと
という全国組織に団結して運動をやっていきたいと考えています。

 手話言語法の制定を求める意見書が、西原村議会でも採択され、政府に送付されました。手話言語条例の方も制定されるように、まずは私自身が手話つきで一般質問ができる程度にはなりたいものだと思っています。

  
     
日本共産党の西原村議員・田島敬一 861-2403 熊本県阿蘇郡西原村布田834-160 096-279-2705

2009/9/18

ユウスゲや翁草など俵山の希少植物にも目を向けてはどうかとの意見にはなるほどと…  村のあちこち村おこし

 先日、役場二階で行われた『阿蘇ゆるっと博覧会』の実行委員会準備会に参加したのですが、村民の中にはあまり知らされていないで、クチコミで知って集まってきた人ばかりなようで、顔ぶれにばらつきが感じられました。

 私は別府市の公民館活動の中から、観光の観点からは誰も見向きもしなかった洗濯物が干してあるような町裏の生活の中に、実際1時間歩くぐらいのうちに、新発見いろいろと…地元に住んでいながら地域のことをこんなにすばらしい由来のあるところだったとは知らなかったとビックリするところから【散策】が始まったのだそうです。
      クリックすると元のサイズで表示します

 それを考えたら、公民館活動ではないけれど毎月一回は村内の史跡めぐりを教育委員会の学芸員の小谷さんの案内でやってきた、大変蓄積のある『文化財サークル』のメンバーがひとりも入っていないことは、残念ではないかと述べました。

 もっと主旨を村内に知らせて呼びかけないと、重要人物や意欲のある人が抜けた状態で進まざるを得ず、勿体ないことになってしまうのではないかと…

 住民相互の横のつながりをいかに密にしていくことに力を入れていくのが地域づくりの始まりではないでしょうか?

 呼びかけには防災行政無線に回覧板…インターネットの活用も役に立ちます。

 さて、窯元のTさんが発言されました。

 春・秋の行楽シーズンに『萌の里のコスモス』にばかり集客を頼むのではなく、ユウスゲや翁草などの希少植物にも目を向けるべきだと…

 隠して採られないようにするよりも、ここに希少植物があるということを知らせてみんなで監視する方がよいのではないかと…そして、たしかに人に知らせたら多少採られることがあったにせよ、村民が殖やして戻していくことに力を入れたらどうかと…

 また、松本さんが、原野植物保護条例を議論して制定してはどうかと言いました。たしかに今後考えていかないといけないことではあります。

0




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ