한글문자 中文(簡体字)(繁体字) SPANISH 
                             

菊陽病院家族会会長  飲酒のように、ピアサポートによってタバコをやめようとする意志を強化し、互いに励ましあうための仲間との話し合う場が必要ではなかろうかと思うのです。

 現代人の心の健康は大変脅かされています。精神保健福祉を話題の中心にして、少しでも早期発見・早期治療に向かって、皆様と一緒に進んで行きたいと思います。イギリスのメリデン・プログラムが理想でみんなねっと
という全国組織に団結して運動をやっていきたいと考えています。

 手話言語法の制定を求める意見書が、西原村議会でも採択され、政府に送付されました。手話言語条例の方も制定されるように、まずは私自身が手話つきで一般質問ができる程度にはなりたいものだと思っています。

  
     
日本共産党の西原村議員・田島敬一 861-2403 熊本県阿蘇郡西原村布田834-160 096-279-2705

2009/12/9

息白く バイクなら口がかじかんでなかなか言霊がうまく出ないようになりますが… その分日刊西原民報が  村のあちこち村おこし

● 息白く やさしきことを言ひにけり
 後藤夜半

 この句は口もかじかんでしまうバイクでの走行を終えて。手を洗ったり嗽をしたりする光景も含めて味わいたいのです。

 首にはマフラー、ヘルメットは脱いで…バイクを走らせる時は馬上のごとく腹筋を動かし続けて体を温めますので、結構白い息になります。

 コップ15が開催されているコペンハーゲンでも、白い息を吐きながら自転車で通勤をしている光景を世界各国190か国の指導者たちが目の当たりにしていることでしょう。何しろ自転車専用のレーンが広々と設けてあるばかりか、自転車用に近道できる橋がかかっていたり、最近では長距離を信号機のない自転車高速道路まで計画されているというのですから、まさしく地球環境を考える場としては最高の舞台装置があるコペンハーゲンです。

 自転車の洪水は、ひと昔前の中国では見慣れた光景で、そこに戻るべきだと言われたら経済の急成長を遂げつつある中国は困惑するでしょうが、自転車の専用レーンや専用高速道路など最初からそのつもりで計画を立てて頑張ってほしい。
 ずっと前に上海などでは高速道路を徒歩で帰省する工場労働者の姿がテレビで紹介されていた記憶があります。

 さて、話は変わります。

 来年の参院選はまたまた天下分け目の関ヶ原です。そこへ向けて、赤旗の日刊紙の読者を大いに増やしたい。そのためには、熊日など商業紙を購読している人に対して私の側の強気を持つために、西原民報も日刊化しました。

 これほど頻繁にブログを更新しているのですから、その一部を使って、つまり鮮度が1日しか保てない内容の文を、Wordで編集してパソコンプリンターで打ち出すのです。

 確かに経費は多少かかるでしょうが、赤旗日刊紙読者をグングン増やしていけるだけの強気を自分の中に作り出すためにはやってみる価値がありはしないかと、実は昨夜民報535号として作りました。

 A4サイズの片面ですから情報量は少ないです。

 この方法は、議会開会中の刻々と緊迫しながら推移する時にこそ威力を発揮しそうです。

 議会改革の次の一歩を議論するための全員協議会の日程が、8日から明日10日の一般質問の後に変更になりました。また、明日の午後5時半には総務福祉常任委員会と保育園のスタッフとが懇談会を開くことになりました。(これは宮田勝則総務委員長の発案)
 これは、いわば議運で議論をしていて全員協議会に報告し決定をしようとすると、どんな質問が住民から来ても答えられるだけの事前の準備をしてからでないといけないなどと言ってしきりに抵抗する議員がいて、なかなか難産となっている【議会報告会】を委員会が先取りした取り組みになっている形です。

 そこで【議会報告会】と銘打ってとにかくご意見を聞かせていただく態度で臨もうではないかと、シャチコバッテ考える必要がないように、【議会懇談会】と名称を変更しようと思います。

 私はたまたま休会となっている今日、もう一度御船町議会を訪問して、議会の開会中かどうかわかりませんがとにかく報告会の実施状況を確認しに行きたいと思います。開会中だったら傍聴席の埋まり具合も見たいし…

 議会改革は難産であっても実現に至る過程が大事だと、議員相互がそして村民ともやっさもっさ揉んだり絞ったり格闘をし続けることだと思うようになりました。

 その途中経過を日刊西原民報は逐一報道することができるという訳です。

0




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ