한글문자 中文(簡体字)(繁体字) SPANISH 
                             

菊陽病院家族会会長  飲酒のように、ピアサポートによってタバコをやめようとする意志を強化し、互いに励ましあうための仲間との話し合う場が必要ではなかろうかと思うのです。

 現代人の心の健康は大変脅かされています。精神保健福祉を話題の中心にして、少しでも早期発見・早期治療に向かって、皆様と一緒に進んで行きたいと思います。イギリスのメリデン・プログラムが理想でみんなねっと
という全国組織に団結して運動をやっていきたいと考えています。

 手話言語法の制定を求める意見書が、西原村議会でも採択され、政府に送付されました。手話言語条例の方も制定されるように、まずは私自身が手話つきで一般質問ができる程度にはなりたいものだと思っています。

  
     
日本共産党の西原村議員・田島敬一 861-2403 熊本県阿蘇郡西原村布田834-160 096-279-2705

2010/1/31

住民投票を法制化し、地方自治体に条例制定を義務化するという民主党政権  村のあちこち村おこし

 インターネットの毎日新聞記事を見てびっくり。

 国の法律によって、地方自治体に住民投票条例の制定を義務化することを検討しているというのです。

 間接民主主義たる議会制度を補完する直接民主主義ということだと思いますが、次の国会での議論をするのは留保つきで歓迎したいと思います。

 住民投票に掛ける場合というのは、条例の制定・廃止と、住民の福祉に重大な影響がある場合などが考えられますから、去年12月の西原村議会で制定された乱開発を規制する条例の制定などはその対象になってくるだろうと思います。

 もちろん何%かの住民の賛同がなければならないというような規定は当然入るのかなとは思います。

 国から強制されることは一面。歓迎はしながらも、それぞれの自治体の自治に任せることなんではないかなと、一抹の疑問もあります。

 上からの民主化と下からの民主化。これは、鳥の卵が割れて雛がかえる時に、内側から卵の殻をつつく努力と、外側から温めてきた親鳥が嘴でつつく行為とが、同時に行われているのと同様に、地方議会の民主化も上から強制が強すぎるとかえって地方自治が傷つくこともありえるのではなかろうかと心配するのです。

 つまり住民の運動がどれだけ熟してきたのかという側面にも注目をしなければならないのではないかと。その意味でも議員としてこの動きには十分注目をしていかなければと思います。

0




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ