한글문자 中文(簡体字)(繁体字) SPANISH 
                             

菊陽病院家族会会長  飲酒のように、ピアサポートによってタバコをやめようとする意志を強化し、互いに励ましあうための仲間との話し合う場が必要ではなかろうかと思うのです。

 現代人の心の健康は大変脅かされています。精神保健福祉を話題の中心にして、少しでも早期発見・早期治療に向かって、皆様と一緒に進んで行きたいと思います。イギリスのメリデン・プログラムが理想でみんなねっと
という全国組織に団結して運動をやっていきたいと考えています。

 手話言語法の制定を求める意見書が、西原村議会でも採択され、政府に送付されました。手話言語条例の方も制定されるように、まずは私自身が手話つきで一般質問ができる程度にはなりたいものだと思っています。

  
     
日本共産党の西原村議員・田島敬一 861-2403 熊本県阿蘇郡西原村布田834-160 096-279-2705

2006/2/7

一昨日無事【西原サンバ】のCD吹き込みができました。  

 デンマークから毎月風力発電機の点検整備をしに2名が来ておられるという話を役場で聞きました。

 地球を半周して通うのも大変ですが、俵山を眺めていると10基のうち1基ぐらいは止まっていることをよく見るので、かなり平原が広がるデンマークと、乱気流を生じる日本の山がちの地形とは、困難性という点で違いがあるからなのでしょう。

 しかし環境と福祉や住民自治・地方分権など、さまざまな分野での先進国であり、少子高齢化社会を迎える日本および西原村としては、よくよく研究する必要がある国ではないかと思っています。

 4月16日、大切畑ダム湖に面した文化創造館・【風流(カザル)】において開催予定の、西原村の新しいテーマ曲四曲のお披露目発表会に、デンマークから通いの技術者をも招待したいものです。

 当日は、古家建雄さん作詞作曲の風力発電をテーマにした『夢運来風(ム〜ンライフ)』や『西原サンバ』、そして うらた剛さん作詞作曲の『西原フリーウェイ』『』が披露される予定です。

 それまでには英語訳を完成し、英語に堪能な人にできたら練習して歌ってもらいたいなあと思い、昨夜アメリカ出身の人に頼んできたところです。

 この歌はたしかに『西原』とか『俵山』など固有名詞は入ってはいるけれども、これらは何も固有名詞と考えなくても、風が吹いてくる西に開けた原という意味でもいいし、俵山とは聞いただけでイメージが湧く詩的な響きがある、何と素晴らしい言葉でしょう。

 自然エネルギーによる地球温暖化を防止しようという普遍的な課題を歌っていますから、国境を超えて広がる可能性があります。


 【知床慕情】や【無錫旅情】・【五木の子守り唄】・【広瀬川慕情】などのように、歌が広がっていけば必ず、俵山とはどこだろう?西原とはどこだろう?行ってみたいなあという興味を呼び起こすはずです。

 大事に広げていきましょう。
0




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ