한글문자 中文(簡体字)(繁体字) SPANISH 
                             

菊陽病院家族会会長  飲酒のように、ピアサポートによってタバコをやめようとする意志を強化し、互いに励ましあうための仲間との話し合う場が必要ではなかろうかと思うのです。

 現代人の心の健康は大変脅かされています。精神保健福祉を話題の中心にして、少しでも早期発見・早期治療に向かって、皆様と一緒に進んで行きたいと思います。イギリスのメリデン・プログラムが理想でみんなねっと
という全国組織に団結して運動をやっていきたいと考えています。

 手話言語法の制定を求める意見書が、西原村議会でも採択され、政府に送付されました。手話言語条例の方も制定されるように、まずは私自身が手話つきで一般質問ができる程度にはなりたいものだと思っています。

  
     
日本共産党の西原村議員・田島敬一 861-2403 熊本県阿蘇郡西原村布田834-160 096-279-2705

2012/2/14

韓国の安城(アンソン)市より、西原村と阿蘇市へ公式訪問  隣国との友好と平和

 東日本大震災やフクシマ以来、減少傾向だった韓国からの訪日が、どうにかここ九州へは戻ってきたような気がしています。

 でも、超円高がもうひとつの阻害要因としてあらわれてきているのです。

 まさに、日韓の間の交流・往来というのは、近い隣国でありながら、口蹄疫にしろインフルエンザのようなものにしろ、はたまた宮崎県の火山噴火にしろ、しょっちゅう何らかの事件や気候変動などによって、阻まれ続けてきたというのが実際のようです。

 そんな中、アンソン市(安城市)から、副議長・市の課長など総勢6名が西原村と、阿蘇市とを公式訪問されたということは、うれしい限りです。

 その目的というのは、カナダやアメリカとのFTA締結に伴って、安い農畜産物が大量に入ってくることによって、農業経営が非常に困難になってきたし、今後もさらに困難になるだろうということで、何とか都市と農村とを結びつけたり、農産加工を研究して二次産業化を図ったり、観光と結びつけて第三次産業化することによって、農業を存続させようというテーマを掲げて来られたのです。

 いわゆる六次産業化ということでしょうか。

 その点、西原村は、萌の里やミルク牧場があったり、農村民泊があったり、また都会の子どもたちを修学旅行の形で受け入れてみたりと、まだ本格的にはなっていないとはいえ、端緒的に取り組みをしています。また、地産地消ということでは、学校給食に地元の農産物を取り入れたりもやってはいます。

 本当は、韓国における農業問題を視察すれば、こちらの方が勉強になる点が多くあるのかもしれません。

 公式訪問を受けて、今後の交流を希望するということを申し入れされているからには、今後こちらからもアンソン市を公式訪問するという機会を設けるのは、至極当然のことと思われます。

 アンソン市には、ユネスコ人類無形文化財に登録されている、ナムサダン・ノリという、民族芸能の本拠地がありますナムサダン・ノリとは、漢字では男寺党遊びと表現されるようですが、朝鮮王朝の後期に、庶民に娯楽を提供するために、全土を綱渡りや宙返りなどをしてみせて回ったという伝統芸能らしいのです。そのことは、ちょうどタイミングよく、私がNHKの韓国語講座のテキストを読んでいたテーマがナムサダン・ノリのことだったのです。

 通訳の人の話では、韓国歴史ドラマに『王の男』というのがあり、その中にナムサダン・ノリのことが詳しく描かれているということでしたので、基礎知識を仕入れるために、『王の男』は見ておかなくてはなるまいと思います。

http://twtr.jp/user/tadgiema/status
1




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ