한글문자 中文(簡体字)(繁体字) SPANISH 
                             

菊陽病院家族会会長  飲酒のように、ピアサポートによってタバコをやめようとする意志を強化し、互いに励ましあうための仲間との話し合う場が必要ではなかろうかと思うのです。

 現代人の心の健康は大変脅かされています。精神保健福祉を話題の中心にして、少しでも早期発見・早期治療に向かって、皆様と一緒に進んで行きたいと思います。イギリスのメリデン・プログラムが理想でみんなねっと
という全国組織に団結して運動をやっていきたいと考えています。

 手話言語法の制定を求める意見書が、西原村議会でも採択され、政府に送付されました。手話言語条例の方も制定されるように、まずは私自身が手話つきで一般質問ができる程度にはなりたいものだと思っています。

  
     
日本共産党の西原村議員・田島敬一 861-2403 熊本県阿蘇郡西原村布田834-160 096-279-2705

2012/2/20

比例定数を減らして56億円減らすより、政党助成金を56億円減額してはどうか?  政党助成金は国民の税金にあぐらをかいた政党貴族をつくるもの

 民主党があくまでも、衆議院選挙のなかの比例代表の定数を80削減するということに固執するのであれば、私たち日本共産党の地方議員も徹底してハンドマイク宣伝を展開して、民主党がいかに民主主義の圧殺を図ろうとする政党であるかということを、住民の中に事実でもってしっかりと認識をしていただこうと思います。

 180ある現在の比例定数を80削減して100議席にすれば、小選挙区から選出される300議席との割合が、3対1となってしまい、国会議員の中において、小選挙区制という、死に票が約半数近くにのぼり、第一党たる民主党による議席独占状態に持ち込めるという魂胆なのでしょう。

 諸外国が人口約10万人に一人の代表という割合で議席数を確定されているのですが、80削減して衆議院議員が400議席になれば、人口約30万人にひとりの割合になります。

 国庫からの支出を減らすという観点から考えてみますと、国会議員の数を減らすよりも、議員歳費の7000万円に加えて、政党助成金の320億円の方を減らす方がずっと合理的です。

 すなわち、政党助成金の32億円とは、国会議員ひとりひとりに換算して6666万円を二重取りしているとみなすことが可能です。合わせて一億3666万円をひとり当たり受け取っていることになります。(日本共産党は受け取っていませんが)

 では、80議席の減少によって、減る国庫支出はいくらでしょうか?   たったの56億円です。

 ならば、320億円の満額でなくても、56億円分を政党助成金の取り分の中から削減してはいかがでしょうか? 320億円のわずか、17・5%、すなわち6分の1だけ少なく受け取れば、それだけで、56億円はねん出できるではありませんか?

 以前、しんぶん赤旗に、日本共産党は受け取っていませんが、各政党が受け取っている政党助成金は、全部を年度内に使いきれなくて、国庫に返さずに貯金をしているのだとか・・・おそらく、総額の6分の1ぐらいはため込んでいるのではないかと思うのです。

 もしそういうことなら、56億円は今すぐにでもねん出できるということになります。


http://twtr.jp/user/tadgiema/status
2




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ