한글문자 中文(簡体字)(繁体字) SPANISH 
                             

菊陽病院家族会会長  飲酒のように、ピアサポートによってタバコをやめようとする意志を強化し、互いに励ましあうための仲間との話し合う場が必要ではなかろうかと思うのです。

 現代人の心の健康は大変脅かされています。精神保健福祉を話題の中心にして、少しでも早期発見・早期治療に向かって、皆様と一緒に進んで行きたいと思います。イギリスのメリデン・プログラムが理想でみんなねっと
という全国組織に団結して運動をやっていきたいと考えています。

 手話言語法の制定を求める意見書が、西原村議会でも採択され、政府に送付されました。手話言語条例の方も制定されるように、まずは私自身が手話つきで一般質問ができる程度にはなりたいものだと思っています。

  
     
日本共産党の西原村議員・田島敬一 861-2403 熊本県阿蘇郡西原村布田834-160 096-279-2705

2012/2/24

軽い負荷で筋力アップできると・・・太極拳を健康な村づくりに  健康

 『いつでも元気』に、とても参考になる健康法が紹介されていました。

 健康で長生きするというのが、誰もが持っている希望です。寝たきりで長生きをしてもちっともうれしくなんかありません。

 そのために、私は毎朝自転車を漕いで筋トレをやっているつもりです。

 しかし、自転車こぎは、すべての人にすすめることはできません。時間的・空間的な条件がない人にはできないし、自転車を持たない人もいます。

 国民健康保険の加入者の医療費がどんどん上がってきたため、西原村では、健康な村づくりに必死に取り組んでいます。これ以上国保税を値上げすることは、その他の税金もあげられる情勢になっている現在、これ以上村民の負担を増やしていくことは、経済的に苦しめることになりますので、何とか医療費の高騰を食い止めなければならない状態になっています。

 私のこの間の一般質問も、その一点について繰り返し行ってきたような状況です。

 そんな問題意識でいたところ、目についたのが、『いつでも元気』の中に紹介されていた『スロートレーニングで健康づくり』という記事でした。

 筋力アップは、最大筋力の約65%以上という、比較的ハードなトレーニングをやってこそなのだそうです。

 そういえば、ただ自転車を漫然と漕ぐよりも、上り坂をハアハアと苦しい息を吐きながら漕ぐとき、モモの筋肉が太くなってくるような気がなんとなくしていました。もう少しでズボンが窮屈で入らなくなりそうなぐらい太くなってきました。やっぱり運動生理学的にあっていたんだなとうれしくなりました。

 でも、高齢者にハードな運動は勧められません。実は、この四月より村内全域で、各区ごとにアンケートをとってもらって、一番適切な時間帯にラジオ体操の音楽を、防災行政無線で流すことになりました。化粧塚区は、区長が一軒一軒聞いて回ったところ、夕食が済んだ頃の午後7時半から流すことになりました。

 でも『いつでも元気』で紹介されているスロートレーニング(略してスロトレ)は、筋肉の緊張状態を維持したまま、なめらかにゆっくりと動作することだそうで、最大筋力の30%から50%程度の、比較的よわい運動でも筋力がついていくということで、高齢者向きだということです。

 これはすなわち、太極拳のようなゆっくりした動作のことのようです。

 ということは、太極拳をもっともっと力を入れて普及していけば、いつまでも元気で長生きできることになります。

 ちょうどよかった、今度の3月定例議会の一般質問で取り上げてみたいと思います。

http://twtr.jp/user/tadgiema/status
1



2012/2/24  14:01

投稿者:田島敬一

 スリーマイルの原発事故の年号(1979年)の覚え方が(泣く泣く)だと、教えていただきまして、大変ありがたいことです。

 ちょうど私は宮崎大学で単位の取得数の関係でなかなか卒業ができなくて『泣く泣く』の状態でしたが、やっと永田忍教授の研究室に入ることができて、ホッとした年でした。卒論の内容は、原子力に関係したことでした。


http://orange.ap.teacup.com/tajima/


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ