한글문자 中文(簡体字)(繁体字) SPANISH 
                             

菊陽病院家族会会長  飲酒のように、ピアサポートによってタバコをやめようとする意志を強化し、互いに励ましあうための仲間との話し合う場が必要ではなかろうかと思うのです。

 現代人の心の健康は大変脅かされています。精神保健福祉を話題の中心にして、少しでも早期発見・早期治療に向かって、皆様と一緒に進んで行きたいと思います。イギリスのメリデン・プログラムが理想でみんなねっと
という全国組織に団結して運動をやっていきたいと考えています。

 手話言語法の制定を求める意見書が、西原村議会でも採択され、政府に送付されました。手話言語条例の方も制定されるように、まずは私自身が手話つきで一般質問ができる程度にはなりたいものだと思っています。

  
     
日本共産党の西原村議員・田島敬一 861-2403 熊本県阿蘇郡西原村布田834-160 096-279-2705

2012/5/25

温泉の入湯税は、そもそも目的税  村のあちこち村おこし

 那覇の県委員会事務所に無事に着きました。

 さて、『泉力』とゴルフ場とに西原村内の温泉は2つありますが、トンネルを抜けた向こう側の温泉の好況に比べて村内は苦戦しているようです。

 何しろ3月定例議会の予算審議において出された資料で、入湯税収入の低下傾向を見れば不況状況はわかるのです。

 全部で3つあった温泉のうち、すでに1つ(龍神の湯)はつぶれてしまいました。

 なんと言っても南阿蘇村の方が世界遺産を狙う阿蘇カルデラの中ですから、露天風呂からの眺望も西原よりもずっとすぐれています。

 熊本市とその周辺の都市圏住民からすれば距離的に近い有利性は、トンネル開通以来それほどの違いとは感じられなくなっています。

 そうなると、料金的な比較がどうかが大きな要素になってきます。これは【入湯税】を取るかどうかが客数にひどく影響してくることを意味します、

 この経済不況の今日、料金に対して注がれる目はますますシビアになりました。ましてや消費税の大幅アップになったりしたら…

 そもそも入湯税とは目的税だとネット検索で知ることができました。つまり、観光的に周辺を整備することと。消防的な設備・環境を整えることの2つ。

 すると、西原村の2つの温泉ともすでに、設備充実の必要性はかなり低くなってきたのではないかなと思えますので、入湯税はやめてもよい時期なのかもしれません。

 仮に村内のどこかに新たな温泉ができた場合には、周辺整備が必要な最初の1年などと時間を区切って入湯税を取るっていうのが、法の趣旨からすれば妥当な線なのではないでしょうか?

 ネット検索すると、ズラズラ出てきますので、全国では入湯税を減免しているところがかなりありそうです。

 入湯税150円を引けば入浴料金は350円。そうなれば銭湯感覚で村内の人々も入りに来るようになり、温泉の存続に貢献し続けることになるのではないでしょうか?

 入湯税の減免により村民の健康増進に少しでも役立つようであるならば、入湯税収入の減を十分補ってあまりあるのではないでしょうか?


 未確認ですが、山鹿だったか玉名方面の温泉は入湯税を取っていないと耳にした記憶がありますので、問い合わせてみたいと思います。
0




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ