한글문자 中文(簡体字)(繁体字) SPANISH 
                             

菊陽病院家族会会長  飲酒のように、ピアサポートによってタバコをやめようとする意志を強化し、互いに励ましあうための仲間との話し合う場が必要ではなかろうかと思うのです。

 現代人の心の健康は大変脅かされています。精神保健福祉を話題の中心にして、少しでも早期発見・早期治療に向かって、皆様と一緒に進んで行きたいと思います。イギリスのメリデン・プログラムが理想でみんなねっと
という全国組織に団結して運動をやっていきたいと考えています。

 手話言語法の制定を求める意見書が、西原村議会でも採択され、政府に送付されました。手話言語条例の方も制定されるように、まずは私自身が手話つきで一般質問ができる程度にはなりたいものだと思っています。

  
     
日本共産党の西原村議員・田島敬一 861-2403 熊本県阿蘇郡西原村布田834-160 096-279-2705

2012/8/3

日中の演説回数をこなすには  村のあちこち村おこし

 日中は暑いには暑いのですが…


 演説回数はこれまでの経験では、正直に得票数の増減になって跳ね返ってくる傾向があるように感じています。


 街頭宣伝をやればやるほど票数が増えるという訳です。


 となると数字の追求を正直にやっていけばいいということになります。


 毎日毎日努力目標を、1日15回と決めたら石にかじりついてでも回数をこなしていかないといけないということになります。


 でも他の候補者がただ漫然と行動をしているうちに、ウサギと亀さんの競争のように、はるかに票を多く稼ぐことになるのです。


 だから自分に鞭打って頑張らなければならないという訳です。


 演説をやれば、かなり脳を使っているのかもしれません。というのは、ずいぶん疲れを感じるからです。


 休もうと思って自宅に帰ったが最後、再び出ていくのが億劫になってしまいます。


 そこで編み出したのが、家には戻らず、旗を持って通り過ぎる車に対して、ただ立ったまま手を振ることをやってみたのです。


 そうやって1時間もすれば、脳が休まります。


 同時に顔と顔とを合わせながら、支持を増やすこともできているという一石二鳥です。


 十分疲れが癒えたなあと感じたら、また演説の開始です。


 速く走ったりゆっくり走ったりを交互に繰り返す、インターバル練習法に似ています。
0




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ