한글문자 中文(簡体字)(繁体字) SPANISH 
                             

菊陽病院家族会会長  飲酒のように、ピアサポートによってタバコをやめようとする意志を強化し、互いに励ましあうための仲間との話し合う場が必要ではなかろうかと思うのです。

 現代人の心の健康は大変脅かされています。精神保健福祉を話題の中心にして、少しでも早期発見・早期治療に向かって、皆様と一緒に進んで行きたいと思います。イギリスのメリデン・プログラムが理想でみんなねっと
という全国組織に団結して運動をやっていきたいと考えています。

 手話言語法の制定を求める意見書が、西原村議会でも採択され、政府に送付されました。手話言語条例の方も制定されるように、まずは私自身が手話つきで一般質問ができる程度にはなりたいものだと思っています。

  
     
日本共産党の西原村議員・田島敬一 861-2403 熊本県阿蘇郡西原村布田834-160 096-279-2705

2006/2/22

内之浦からロケット発射か?ゆらめくらせん状の雲の先にUFOみたいな光が半月をめざしてあがっていく  

 今朝、6時すぎごろ、化粧塚のかもめ印刷とサンレイメディカル近くの林の上あたりに、今まで見たこともないジグザグとしてゆらめくらせん状のタバコの煙のような不思議な雲が、ほかには雲ひとつない晴れた空をゆらゆらと立ち上っているのを見ました。

 UFOみたいにも見える光は、こちらに迫ってきているようにも見えて、はて突然のミサイル攻撃かな?と心配してみつめていると、どうも上空に向かって進んでいるようにも見え、ひょっとしたらあの方角が種子島の内之浦から人工衛星が打ち上げられたのではないかと思いつきました。

 7時45分ごろのNHKニュースで、アストロFという宇宙観測衛星の打ち上げが成功したことを報じていました。

 しかし、種子島からの打ち上げが、熊本県にいても目視できるとは何と幸せなことでしょうか。面白かったのは、煙がゆらめく最後の、一番上の部分には、タバコを吹くときにできるワッカが二輪、のどかにゆらめいていたことです。下の輪がはっきりして、上のワッカはかすかに・・・
 おそらく、次第に推進ロケットを切り離してスピードを増すために、口からプッと吐き出すように煙を押す力がワッカの発生になったのでしょう。
 ともかく種子島のある方角がよくわかりましたので、今度からロケットが打ち上げられるという事前の知らせがあった場合には、あの方角をみつめておればいいということを知ることができたというのがうれしいことです。
0




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ