한글문자 中文(簡体字)(繁体字) SPANISH 
                             

菊陽病院家族会会長  飲酒のように、ピアサポートによってタバコをやめようとする意志を強化し、互いに励ましあうための仲間との話し合う場が必要ではなかろうかと思うのです。

 現代人の心の健康は大変脅かされています。精神保健福祉を話題の中心にして、少しでも早期発見・早期治療に向かって、皆様と一緒に進んで行きたいと思います。イギリスのメリデン・プログラムが理想でみんなねっと
という全国組織に団結して運動をやっていきたいと考えています。

 手話言語法の制定を求める意見書が、西原村議会でも採択され、政府に送付されました。手話言語条例の方も制定されるように、まずは私自身が手話つきで一般質問ができる程度にはなりたいものだと思っています。

  
     
日本共産党の西原村議員・田島敬一 861-2403 熊本県阿蘇郡西原村布田834-160 096-279-2705

2013/3/30

【磁気ループ】を高齢難聴対策として  村議会

 先日、お年寄りの難聴対策として【磁気ループ】を採用してはどうかと、そのために先進地の視察を提案しました。


 いくら言葉で説得をしようとしても、なかなか納得してもらえず、実際に手に触れて体験してもらわなければと思ったからです。


 高齢者の難聴対策に、磁気ループがよいということは、10年ぐらい前からしんぶん赤旗で時折紹介されていましたが、なぜか社会の中にそれほど広がっていません。


 もともと熊本の阿蘇の旧蘇陽町が発信源でした。東京に普及されていきましたが、熊本の人にもあまり知られていないのは残念なことです。


 合志市の今村なおと議員が一般質問で取り上げたことがあると、聞いたことはあるのですが…


 熊本発の事物は、【スクランブル交差点】や、【バイクの昼間点灯】…あるいはブレーキとアクセルの踏み間違い事故をなくする【ナルセペダル】、それから【ご飯のふりかけ】ばかりではないんだ…


 また、ダムの撤去や、昨日の熊日コラムに紹介されていたDCATばかりではありません。


 高齢難聴の方々に、補聴器のつまみをちょっとセットすれば、人の話し声だけを拾って言葉がはっきりわかる【">磁気ループ】を、全国にオススメできるか、大いに検討していきたいと思うのです。


 【磁気ループ】はループというだけあって、ワッカのことで移動式に用いることができます。ポータブルだというわけです。


 床に2つ並べておいて【くまモン】の目玉とやんちゃな顔に丸く描けば、熊本のPRとともに相乗効果で普及できるのではないでしょうか?


 今や、聴覚障害者の方々に向けて、講演会などには手話通訳を置くことが珍しくなくなりました。


 しかし、高齢難聴の方々は、もともと手話とはほとんど無縁な人々です。


 日本共産党の演説会においては、街頭であろうとホールであろうと高齢難聴者のために【磁気ループ】設置が、標準装備にする必要がありはしないかと思うのです。


 高齢難聴対策として、補聴器のつまみを切り替えたら、雑音を阻むことにより、【磁気ループ】が人の声だけを拾っていかに聞きやすくなるかということを、実地に示すことができるのは、障害者にやさしい日本共産党とのイメージを強めることができるかもしれません。


 とかく高齢難聴といっても、本人も障害者だという意識はなく、家族も

『歳を取れば耳が遠くなるのは当たり前』

と思っているのが、普通ではないでしょうか?


 しかし最近、難病を抱える人も障害者運動に加えようという流れになってきました。


 高齢難聴になっても補聴器を手に入れて…普通に暮らすことができますから、障害者としてよりも介護度の認定の対象になるぐらいかもしれません。


 しかし、少しでも難聴対策が取れたら、講演会や【のぎく祭り】などに顔を出して演劇を楽しんでもらえる人の数が増えてくるのではないでしょうか?


 もっともっと宣伝に努めて、高齢難聴者が社会から疎外されないようにして、高齢者が持っておられる知恵と経験を生かしていただく場面はもっともっとあると私は思っているのです…
0




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ