한글문자 中文(簡体字)(繁体字) SPANISH 
                             

菊陽病院家族会会長  飲酒のように、ピアサポートによってタバコをやめようとする意志を強化し、互いに励ましあうための仲間との話し合う場が必要ではなかろうかと思うのです。

 現代人の心の健康は大変脅かされています。精神保健福祉を話題の中心にして、少しでも早期発見・早期治療に向かって、皆様と一緒に進んで行きたいと思います。イギリスのメリデン・プログラムが理想でみんなねっと
という全国組織に団結して運動をやっていきたいと考えています。

 手話言語法の制定を求める意見書が、西原村議会でも採択され、政府に送付されました。手話言語条例の方も制定されるように、まずは私自身が手話つきで一般質問ができる程度にはなりたいものだと思っています。

  
     
日本共産党の西原村議員・田島敬一 861-2403 熊本県阿蘇郡西原村布田834-160 096-279-2705

2013/3/31

サヤカとは、阿蘇家出身だとの説で歴史小説を書いた津留今朝寿さん  隣国との友好と平和

 障害者・児の会の生活を豊かにする会の皆さんと、恵楓園での花見に参加しました。

…………………

 話は代わりますが最近の韓国地図に、テグ市の近くに【サヤカ将軍の村】という文字が書かれているということを私は知りませんでした。

 高森町の津留今朝寿さんに教えられて、この目で地図を確認してビックリしました。


 それは、かつては隠された伝説に過ぎなかった【サヤカ】が、韓国で認知されてきたばかりか、日本人の観光スポットにもなってきたことを示しているからです。


 日本人に【サヤカ】の存在を教えてくれたのは、司馬遼太郎でした。


 司馬遼太郎は、朝鮮の李王朝時代に、加藤清正とともに攻め込んだ日本人の中に、和歌山あたりの雑賀一族のある人物が朝鮮側の苦しみに同情して鉄砲技術とともに寝返り、ヤンバン(朝鮮貴族)にまでのぼったという歴史を小説にしたということでした。


 【サヤカ】とは【雑賀】なりとの説を、国民的な歴史小説作家・司馬遼太郎が主張しているのに対抗して、あまり有名ではない津留今朝寿さんが、【サヤカ】は実は、戦国末の混乱の中で秀吉勢により滅ばされた阿蘇家の人間なんだとの説をもって挑んだのでした。


 私はもう20年ほど前に両者の小説を読み比べたことがありました。


 阿蘇家説を取れば、この阿蘇こそ韓国との固い友好関係を築くためにイチバンの地だと思うので、きちんと評価して阿蘇の図書館には残しておくべき小説です。


 一度私もテグ市の近くにある(サヤカ将軍の村)に行ってみたいと思います。


 しかし、津留さんの小説はまだ存在しているのでしょうか?絶版とかなっていないかと心配です。


 でもネットで検索してみて、原田五郎衛門信種という糸島にいた人物の可能性も高そうなと感じました。西南学院大学の丸山教授の説だとか。とくに伽耶山(かやさん)というふるさとの山をさかさ読みにするとサヤカとなるというのは、説得力が私にはありました。

 裏切り者は絶対に日本側に本性が明かされたら困る立場だという観点で…
0
タグ: 阿蘇一族 両班 Korea




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ