한글문자 中文(簡体字)(繁体字) SPANISH 
                             

菊陽病院家族会会長  飲酒のように、ピアサポートによってタバコをやめようとする意志を強化し、互いに励ましあうための仲間との話し合う場が必要ではなかろうかと思うのです。

 現代人の心の健康は大変脅かされています。精神保健福祉を話題の中心にして、少しでも早期発見・早期治療に向かって、皆様と一緒に進んで行きたいと思います。イギリスのメリデン・プログラムが理想でみんなねっと
という全国組織に団結して運動をやっていきたいと考えています。

 手話言語法の制定を求める意見書が、西原村議会でも採択され、政府に送付されました。手話言語条例の方も制定されるように、まずは私自身が手話つきで一般質問ができる程度にはなりたいものだと思っています。

  
     
日本共産党の西原村議員・田島敬一 861-2403 熊本県阿蘇郡西原村布田834-160 096-279-2705

2013/12/20

くじら座タウ星まで12光年。スーパーアースを5個も率いていて、うち2個がハビタブルゾーンにありとか。  村のあちこち村おこし

 今、最も熱い天文学のテーマは、『コズミックフロント』によれば、太陽系外惑星の発見です。


 つまり、地球のような惑星が、この銀河系だけでも1000億個も存在しているであろうという知見。


 ケプラー宇宙望遠鏡によって、白鳥座の一角だけでも系外惑星が続々と発見されているんだとか。


 スーパーアースとは、地球よりも大きな地球型惑星のことです。


 地球の数倍の大きさになると、生命が誕生していたとしても、重力も数倍となってしまいますので、もっぱら海の中だけの生命になりはしないでしょうか?


 果たして重力に耐えて陸地に上陸できたかどうか?カルシウムによるガッチリとした骨格がないと無理でしょう。陸に上がらないと文明化はできないでしょうからね。


 いつまでも手がなくて魚のヒレだけでは、ひたすら泳ぐだけで、陸に上がれないというんでは、セチが求めるような電波を発する段階への進化には遥かに届かないでしょうね。


 それが疑問ですね。


 一番近くて生命の可能性があるのが、12光年の距離にある、くじら座タウ星なんだそうです。


 人類がなんとか飛んでいけそうな距離に感じます。今どのあたりに見えるでしょうか?夜空で確認しておかなくては…
0




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ