한글문자 中文(簡体字)(繁体字) SPANISH 
                             

菊陽病院家族会会長  飲酒のように、ピアサポートによってタバコをやめようとする意志を強化し、互いに励ましあうための仲間との話し合う場が必要ではなかろうかと思うのです。

 現代人の心の健康は大変脅かされています。精神保健福祉を話題の中心にして、少しでも早期発見・早期治療に向かって、皆様と一緒に進んで行きたいと思います。イギリスのメリデン・プログラムが理想でみんなねっと
という全国組織に団結して運動をやっていきたいと考えています。

 手話言語法の制定を求める意見書が、西原村議会でも採択され、政府に送付されました。手話言語条例の方も制定されるように、まずは私自身が手話つきで一般質問ができる程度にはなりたいものだと思っています。

  
     
日本共産党の西原村議員・田島敬一 861-2403 熊本県阿蘇郡西原村布田834-160 096-279-2705

2014/3/2

『アンネの日記』が、図書館や書店で破られた事件。私は重大なテロの前兆ではないかと…  村のあちこち村おこし

 私たちは数年前、小学校でウサギなどの小動物が、ひんぴんと切りつけられた事件があり、それはその後の猟奇的な児童殺人事件の予兆だったのではないかという疑念を、記憶として持っています。


 今回判明した、各地の図書館や書店で、『アンネの日記』が破られていたことは、何かの前兆ではないか考えて警戒しなければならないと私は思っています。

 決して軽視することはできず、一刻も早く犯人を捕まえなければ、関東大震災時のような何か民族排外主義的な大変おぞましいテロ事件に発展しはしないかと心配しています。


 私は、近い未来に秘かに計画されている、何らかの事件の予兆と思えてならないのです。


 【フクシマ】の原発事故で出てきた放射性汚染水を溜めているタンクのバルブが、何者かによって緩められて、大量に外部に漏れだしていたのに、それさえいまだに誰かが故意にやったのか、単なる手違いだったのかさえわかっていません。


 このように、わが日本は、テロが起こりうるという前提で、様々なシステムが作られてはいません。


 原発立地は、テロの標的になりうるということが、どれだけ深刻に捉えられているでしょうか?


 それなのに、安倍政権は、アメリカとともに中東など地球上のどこであっても戦争に参加できる【集団的自衛権】に突き進もうとしています。


 戦争知らずの首相は、それがテロを招くことになるということをどれだけ深刻に考えているでしょうか?


 新聞の小さな記事で知ったのですが、ナチスのヒトラー生誕記念行事を企画している団体があるとか…


 深く潜行しているヒトラー礼賛や、外国人排斥の不気味な動きが、重大なテロの勃発として現れてこないか警戒しなければなりません。


 ヨーロッパでは、ヒトラーやナチスを礼賛したり、アウシュビッツの虐殺はなかったなどという妄言を行うことは、それ自体犯罪に当たるとして罰せられると聞いています。


 日本において、そこらへんが生ぬるいのはなぜでしょうか?


 【1931】のテンキー表示したら、直角三角形で、中国東北部の旧満州国の形をなぞったような形になりました。


 旧満州国は、現代の中国では『東北=トンペイ』と呼ばれていますが、【1931】のテンキー表示は、ケータイのテンキーボードを東西南北に広がる地図と見なしたら、まさしく【東北】そのものです。


 あまりにもできすぎ、うまく符合しすぎて不思議な気持ちになります。


 これまで私は、語呂合わせ年号暗記として【1931=いくさ始まる満州事変】と覚えていました。


 そして【いくさ長引く日中戦争】と語呂合わせで覚えていた【1937】年。


 ペケ印【X】の【1937】年から始まった、泥沼の中国侵略は、一体誰が始めたのでしょうか?


 総理だった近衛文麿はどんな役割を果たしたのでしょうか?


 近衛文麿と言えば、1945年の戦争最終場面で、戦争を早く終わらせるために、天皇への上奏文を出したことから、和平努力をした人物として、よいイメージを抱いている人もいらっしゃるかもしれません。しかし、日中戦争へ突入したことはどうなるでしょうか?


 『国民政府を相手とせず』と宣言して、平和交渉の糸口を自ら閉ざしてしまった言葉は有名です。


 A級戦犯として、処刑されても決しておかしくはなかった人物なのに、その前に服毒自殺してしまいました。


 日本人は、拳銃自殺をしようとして失敗し、死にきれなかった東條英機をみっともないとして非難し、自殺に成功した人を潔いとみてしまう文化を持っています。


 が、自殺の成功によって、戦争責任解明の機会が失われてしまいました。


 歴史用語で【革新幕僚】と呼ばれている、石原莞爾や東條英機や武藤章は、日中戦争開始時には何をしていたのでしょうか?


 時系列と空間的な人物配置や、当時の複雑な力関係などを詳しく調べて教訓にしていきたいものです。


 東京裁判で他国から戦争責任が裁かれましたが、日本国民自身の手でもう一度、詳しく解明することが必要ではないでしょうか。


 それが十分にできてこそ、安倍政権の暴走を止めることになるのではないでしょうか?


 安倍政権による、靖国参拝や従軍慰安婦についての河野談話を見直す動き、集団的自衛権、9条・96条改憲などの、戦争ができる国づくりを阻まなければなりません。


 昨年末に強行採決された【秘密保護法】は、このまま放置し施行させたら、治安維持法みたいな国民の目と耳と口をふさぐ弾圧法になってしまいます。


 日本国憲法には、【違憲立法審査権】があります。


 この違憲立法審査権を活用して裁判に訴え、秘密保護法の執行停止、さらには廃棄に至る運動をしなければなりません。


 【戦争のできる国づくり】に抵抗するために、ほかに私たちができることは何でしょうか?


 当面、全国的な国政選挙はありません。ただ鹿児島選挙区での、辞任に伴う補欠の国政選挙が行われることになりました。


 京都府知事選挙や大阪市長選挙をはじめとした地方選挙もありますし、熊本県内でも菊池市議会議員選挙などの市町村選挙もあるし、県議選挙もあります。


 そのひとつひとつで、平和推進の陣営を強めるようにしなければなりませんね。
0




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ