한글문자 中文(簡体字)(繁体字) SPANISH 
                             

菊陽病院家族会会長  飲酒のように、ピアサポートによってタバコをやめようとする意志を強化し、互いに励ましあうための仲間との話し合う場が必要ではなかろうかと思うのです。

 現代人の心の健康は大変脅かされています。精神保健福祉を話題の中心にして、少しでも早期発見・早期治療に向かって、皆様と一緒に進んで行きたいと思います。イギリスのメリデン・プログラムが理想でみんなねっと
という全国組織に団結して運動をやっていきたいと考えています。

 手話言語法の制定を求める意見書が、西原村議会でも採択され、政府に送付されました。手話言語条例の方も制定されるように、まずは私自身が手話つきで一般質問ができる程度にはなりたいものだと思っています。

  
     
日本共産党の西原村議員・田島敬一 861-2403 熊本県阿蘇郡西原村布田834-160 096-279-2705

2014/3/12

対空表示を国道路面に始めたのが、四国地方整備局の取り組み。ヘリから視認して的確に連絡しやすい  村のあちこち村おこし

 災害救援体制の整備という観点での【対空表示】というものは、【ヘリサイン】とも言って、これまで国的には関東地方が進んでいたようです。


 驚いたことは、熊本市が1995年という早い段階で45か所に整備していたそうです。熊日の記事にありました。


 【1995】年とは阪神淡路大震災が起きた年です。テンキー的には、【19】とガツンと直下型がきて【95】と揺れ戻しがきたイメージです。


 その後、東日本大震災の教訓からか、熊本県が【2011】年度の補正予算でヘリサインに4400万の整備費を組んでいます。


 阿蘇の西原村あたりの県道の過疎区間では、路面に書いてもよさそうです。


 というのは、四国地方整備局では、目標物が少ない道路区間に、起点からの距離なのか数字を書いているからです。


 ヘリコプターの搭乗者が初めてである場合などは、GPSは使っているかもしれなくても、地理に不案内ですから。


 四国では、災害現場上空へ出動した場合、位置の特定に課題があることと気づきました。


 被災状況の迅速かつ正確な把握を目的で、【対空標示】を先行設置したのが、なんと平成22年(2010年)の8月からのことでした。


 東日本大震災の前です。


 道路に…というのは、周辺に目印のない場合に西原村や阿蘇には必要な発想ではないでしょうか。


 道路に表示があれば、工事が復旧していく場合も、どこまでが開通したというような発表が可能になります。


 まあ、しょっちゅう工事をして掘り返しているようなら、費用対効果を考える必要がありはしますけれど。


 神戸市などでは、塗料会社の無償協力を得て、小学校の屋上などに整備をしているそうです。


 富国合成塗料株式会社とネット検索で出てきました。


 熊本県は全国でもヘリサイン整備が進んだ方のようです。


 アメリカでは西海岸あたりは地震が多いようですが、ヘリサインは道路に表示されていますでしょうかね?


 公共的な建物の屋上へのヘリサイン整備は進んでいる関東地方かもしれませんが、道路に書き込むアイデアは実行しているでしょうかね?
0




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ