한글문자 中文(簡体字)(繁体字) SPANISH 
                             

菊陽病院家族会会長  飲酒のように、ピアサポートによってタバコをやめようとする意志を強化し、互いに励ましあうための仲間との話し合う場が必要ではなかろうかと思うのです。

 現代人の心の健康は大変脅かされています。精神保健福祉を話題の中心にして、少しでも早期発見・早期治療に向かって、皆様と一緒に進んで行きたいと思います。イギリスのメリデン・プログラムが理想でみんなねっと
という全国組織に団結して運動をやっていきたいと考えています。

 手話言語法の制定を求める意見書が、西原村議会でも採択され、政府に送付されました。手話言語条例の方も制定されるように、まずは私自身が手話つきで一般質問ができる程度にはなりたいものだと思っています。

  
     
日本共産党の西原村議員・田島敬一 861-2403 熊本県阿蘇郡西原村布田834-160 096-279-2705

2014/5/16

宮下和裕氏講演 『戦争準備は秘密から』  秘密保護法廃止 たまなの会(仮称)発足 玉名市民会館で  村のあちこち村おこし

 今日は、菊陽病院のぞみ会室で29日の総会準備をして、昼過ぎから菊池市のビラ配りをしました。


 菊陽病院のぞみ会の活動は、総会開催の節目でもあり、ネットを利用して情報の伝達など、一定の迅速化への改善・合理化を考えて、試行錯誤をしているところです。


 家族会で開催する【パソコン教室】の生徒が、新たにひとり誕生しました。


 21世紀の読み書きそろばんの主要な部分は、パソコンとネットの習熟であることは間違いありません。


 ならばそれをいかに使いこなす力を持つかが、社会を改革していくための前進のカギとなります。

 ブログの更新もいっそう奮励努力することにします。


 5月31日(土)13時30分〜16時 玉名市民会館第2会議室にて


 護憲だとか秘密保護法廃止だというと、これまでは日本共産党か社民党か、新社会党かと決まっていました。


 しかし、あさっての赤旗日曜版に、かつて自民党幹事長経験者の加藤紘一氏が一面にデカデカと登場して、今の安倍晋三総理の憲法より自分を上に置くあり方は間違っていると、きっぱりと話しておられます。


 安倍晋三政権の、解釈改憲への暴走に、強い危惧を抱いて、保守と言われた人々も一斉に声をあげ始めたところが、今までにない変化です。


 今回の玉名市民会館における講演会も、秘密保護法廃止のために多彩な顔ぶれが呼び掛け人になっておられるようです。


 宮下和裕氏の講演は、各界各層の多面的は人々が一堂に会して、秘密保護法の廃止という一点で思いをひとつに手を結ぶ集会だということが、画期的です。


 宮下和裕氏は、福岡県自治体問題研究会の事務局長という、日本国憲法を一番活用して自治体をよくしてこられた方です。


 それこそ保守から革新に至る広い層の人々の相談相手として活動されてきた人だからこそ、広範な層の人々が集まるんでしょうね。
1




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ